「SCORPION/スコーピオン」シーズン2 第3話「決死の脱獄作戦」

スポンサーリンク

「決死の脱獄作戦」

ハリソン刑務所内で、刑務所長の情報屋が何者かの手によって

亡きものとされた!

一方ウォルターは、引き続き奉仕活動中。

仕事の効率化をはかっていて、いかにもウォルターらしい。

隣にいるレイはウォルターと仲良くしようと話しかけているものの、

ウォルターにその気は一切ない。

しかし、そんなそっけない態度をとられてもレイは気にする様子もなく

何かあったら言えよ。ムショにダチだっているんだと、明るく言って

去った。

スルベスターは、ウォルターの姉メーガンの所へ来ている。

メーガンに告白しようと思えば思うほど落ち着きがなくなり

汗びっしょり!

そこへ連絡がきて、逃げるようにガレージに戻った。

ハッピーは男性に電話中。どうやらデートの約束をしている模様。

それを後ろでこっそり聞いてるトビーは複雑な表情。

前に進もうとしてるハッピーに不安を感じているトビーは

気持ちを切り替えたくて、シルベスターにメーガンの話を持ちかけるが、

シルベスターもまた失敗に終わったと報告した。

ラルフが人の宿題をやっていると知ったペイジは驚きをみせる。

理由はいじめられて怪我をしないように。

ガロは、「いじめっ子のいいなりになるな、立ち向かえ!

ケンカ出来るか?」とアドバイス。

ペイジは、ケンカせず校長先生に相手の親を呼んでもらって

話し合うと説得したが、スコーピオン他のメンバーは

事態を悪化させるだけだからと大反対!

ペイジは、「御心配ありがとう!でも、母親は私」といって

耳を貸さない。ラルフは自分でなんとかすると言い始めた。

そこで、トビーがiphoneを使って音声合成ソフトを使う。

人の声を録音すると入力した文章を声まねして読み上げる仕組みのようだ。

iphoneからはペイジの声で

「トビーの言う通り。トビーが間違ってたら私はペイジ・ディニーンじゃないわ」

と読み上げさせた。ペイジはあきれ顔。

ラルフは、解決出来るから1日待って!とペイジに言い残し学校へ向かった。

今回のミッションは「暗号解読」

日系ギャング「エタメ」のシーマ。

シーマは極秘暗号を使って、外にいる部下に暗殺命令を出している。

情報屋は、極秘暗号のメモを3枚入手し先日刑務所長に渡していた。

暗号が読めるのは組織の幹部だけ。

この暗号が、今晩0時に殺害される予定の連邦判事3人の名前だと言う。

複雑な暗号にはマニュアルがあるが、所内を探しても見つからなかったそうだ。

怪しまれず暗号マニュアルを探すには刑務所に潜入するしかない。

データを持ち出せないから暗記する必要がある。

それが得意なのはシルベスター!

もう他に手立てがないのは分かりきっている。

調べて覚えるだけなので、所内にいる時間はざっと90分程。

シルベスターは心の底から嫌がりながら了承。

スコーピオン達は準備を始める。

シルベスターの潜入を知っているのは所内で刑務所長だけ。

守ってくれるのは彼しかいないのだ!

無事潜入したシルベスター。

図書室で暗号のヒントになりそうな本を片っ端からみると

透明なページがない事に気付いた。ページが揃うと臓器が

現れる仕組みになっているらしい。

抜き取られているのは、グレーの解剖学と他にも2冊。

恐らく、抜き取られているフィルムページは20~25ページ。

シーマは腎臓が悪い。フィルムのありかを透析を行う診療室だと考えた

ウォルター。

診療室に行く・・・。

それは誰かにケンカを売って自ら負傷し、そこへ運ばれるという意味だ!

トビーがけんか相手を吟味し、シルベスターに色々指示したおかげで

シルベスターは殴られ医療室行きに!

しかし、その時歯に埋め込んだ通信機が取れてしまい、

仲間との通信手段を失ってしまったのである!

ここは、医療室。医者がシルベスターのあごを診察中。

レントゲン撮影の準備をするため、医者は去って行きその間に

シルベスターは奥の透析室へ!

焦りながらも、自分がシーマだったらと分析。

見事!フィルムを見つけた!

だが、暗号を記載してあるページがどこにもない!

とりあえず、フィルムを戻し再び診療室へ戻る。

そこに急患が運び込まれ、おどろくシルベスター。

なんと、その急患は刑務所長だったのだ!!

所長は糖尿病なのでインスリン注射を携帯している。

シーマに買収された奴が、インスリン注射を別の薬と

すり替えたために起こった事だった!

唯一、潜入を知っている所長が協力出来なくなったので

シルベスターは崖っぷちにたたされた!

不安でいっぱいのシルベスター。

防犯カメラで見守る仲間たち。

先ほどケンカを売った囚人が

今夜10時、棟の明かりが消える。

10時1分、あの男(仲間の看守)がてめぇの(シルベスターの部屋)を訪ねる。

10時2分、てめぇはくたばる。

そう言い残し去って行った。

映像だけでは何が起こっているか分からないスコーピオンたち。

囚人が去ったのをみてホッとするが、スルベスターは食べ物の液体で

お盆に「10時に死ぬ(DEAD By 10)」と書き防犯カメラに向ける。

危機を感じ空気は張り詰めた。

ガロは長官に電話をかけ、スルベスターに移送命令をかけてほしいと

頼むが、事件を優先しろと言われ移送は出来ない。

その長官のやり方に、仲間を見捨てることは出来ない!とガロはぶちキレた!

移送が出来ないと知ったメンバー達に心配と不安とあせりが入り混じる。

移送も不可能。釈放も出来ない。

残る手立てはただ1つ。脱獄だ!

脱獄計画を検証するスコーピオンたち。

スルベスターを助けるためには、死体安置所に行ってもらわなければ

ならない!薬を使い死んだように見せかけ看守に運んでもらう作戦を

立てた。問題は薬をどう渡すかだ。

ウォルターに心当たりはあるが、とても嫌そうである。

ウォルターとペイジは奉仕活動で一緒のレイの元へ。

協力を頼むと快く承諾してくれた。

そして、弁護士に変装したレイとペイジは、シルベスターと調達係に

会う為に刑務所へ。

残りのメンバーは準備を始める。

面会室でやっとシルベスターに会えたペイジ。

死体安置所の計画を伝える。

レイは調達係に薬を分量だけ渡してくれと言った。

今回の計画に不安すぎるシルベスター。

そうでなくても、狙われ、怖い思いをし、恐怖でいっぱい!

その思いをペイジにぶつけて止まらない!

気持ちは前を向かなきゃいけないのに後退ばかり!

そんなスルベスターにペイジがトビーからの手紙を渡す。

「出ないとメーガンに愛を伝えられない」

そう書いてあった。ため息をひとつつき、分かったと言う。

シルベスターは、みつけたフィルムに暗号が抜けていたと

ペイジに話す。シーマは一日中車いすだから探す場所が

限られるんじゃない?とアドバイスされ、それを元に

暗号は車いすに隠してあるのだと気づく。

薬が効くまで15分。

看守に見つかる前に効いていなければ運び込まれない。

それまでになんとか暗号を見つけ出さねば!

9時45分。薬が調達係から届けられ飲んだシルベスター。

看守が医療用倉庫に車いすを運びこむ所を確認し、忍び寄るが

運の悪い事に薬が効いてしまい倒れこんでしまう。

一方外ではシルベスター救出の為、準備が進められている。

ペイジは、監視カメラでシルベスターが安置所に

運ばれているのを確認。

それを聞きウォルターは作戦のおさらいを口にした。

ハッピーが過酸化水素と酵母を投入して水道管を爆破し

死体安置所のドアを破る。

ウォルターとガロは先に行って待機。

ハッピーが注意点を話し、作戦は決行へ

死体安置所で目覚めたシルベスター。

そこへドア越しにウォルターとガロがやってくる。

ウォルターがシルベスターに指示しドアが爆発!

一緒に逃げようとするが、まだ暗号はみつかっていない!

すっかり肝が据わったシルベスター。

トビーに監視カメラを切るようにいい、大丈夫!出来るよ!と

ウォルターとガロに活を入れ、3人は所内へ。

所内は大混乱が起こっている。そんな中、医療倉庫で暗号を見つけた

シルベスターは、すぐ解読にかかる!

暗殺が行われる0時まで、あと30分!

移動しながらでなきゃ間に合わないというガロに従い、倉庫を出る。

走りながら解読をするシルベスター。

ようやく1人分かった!

それを元に名前のリストで照合するトビー。

それを聞いて、電話で長官に伝えるペイジ。

看守から襲われるシルベスター!

スルベスターに解読の続きをさせるため、

看守と戦うウォルターとガロ!

2人目が判明!

そして3人目が分かった時、ウォルターとガロは倒され

看守はシルベスターの首を警棒で絞めた!

その時、ハッピーがやって来て看守向かって放水!!

無事3人目を伝え、急いで外へ!

シルベスターを無事救出した!

テレビでは、今回のニュースが流れている。

そこへ長官がやってきて、結末を教えてくれた。

しかし、ガロは仲間を犠牲にしようとした長官を許す事は出来ない。

「信用できない人間に、二度と仲間の命を預ける事は出来ない」と

長官を追い返した。

再びテレビに注目したスコーピオンたち。

今は別のニュースをやっていた。

なんと!ラルフが映っている!

10歳にして、有名大学3校に合格した事を報じている!

これがラルフの作戦!

学校でも有名人になったため、誰も手出しは出来ないと

効率的に問題を解決した!

取材なんて許可してないと言うペイジに、ラルフはトビーが

使用してたあの音声合成ソフトを使って、取材を許可した

事にしたのである!

ラルフの頭の良さに、感心しあれこれ言うウォルター。

しかし、ペイジにやりこめられちょっとだけ考えをかえてみた。

そこへ、ハッピーのデート相手がやってきてトビーは悲しい表情をみせる。

サンドバックを乱暴に叩き、自分の心も体も痛めつけていた。

それを見たガロは、気持ちをくみ取り、パンチの仕方を教え一緒に過ごす。

シルベスターはメーガンの病院へ行き、自分の気持ちを伝え、

同じ気持ちだったメーガンはそれに答える。

2人の気持ちが通じ合う出来事がおきたのだった。

ゲスト

ウェイド・ウィリアムズ「プリズンブレイク」など

ケビン・ワイズマン「エイリアス」など

アラナ・デ・ラ・ガーザ「LOW&ORDER」など

脚本 ニック・サントーラ

ポール・グレロング

監督 オマール・マダ

まとめ

いくらシルベスターが記憶するのが得意とは言え

よく入ったなっっっ!

今回みたいに、こういう潜入ってよくあるけど、

その中でも一番心配したし、ハラハラしちゃったっっっっ!!

まさか、あのシルベスターが!

シルベスターって潔癖症っていう設定があったけど、

もう、それどころじゃなかったんでしょうね。

このミッションはシルベスターだったからこそ、緊張感が

増したんじゃないでしょうか?

これが、ハッピーだったらもっと違う展開だったな~。

それから、ラルフ!

な~んて頭がいいんでしょう!

やっぱり天才ですね。あの位の子供の解決方法とは思えない!

シーズン1よりシーズン2の方が成長して大人っぽくなった印象。

子供のキャストは、各シーズンですごく変わるので、シーズン3

になったらもっと変わっている事でしょう!

ああああ!

なんか、トビーが切ない・・・・。

なんだろうね。難しいね。

この切なさは続くんだろうか?

ガロも優しい。

仲間をないがしろにされて怒ったガロ。

トビーにサンドバックの打ち方を教えたガロ。

もっっっ!ガロ大好きだぁぁぁぁぁぁ!!

それから、レイが面会室でシルベスターに

「これからもよろしくって」

言ってたけど、10エピソード位出演予定なんだそうです。

ちょっと思ったんだけど、レイ役のケビン・ワイズマンって

なんかシュっとした?

そんなイメージ今までなかったんだけど。

ケビン・ワイスマンってどうしても、海外ドラマ「エイリアス」で

ネットワーク管理をしていたマーシャル・フリンクマンの

イメージが抜けなくて、彼が出てるとどんな役どころでも

「あ!マーシャルだ!」って思ってしまう!

もちろん、今回も思いましたとも!

悪役や変わっている役が多いですし上手ですよね!

そして!シルベスターとメーガンの気持ちが通じましたね!

良かった!良かった!

今回のミッションがなければ、もっと伸ばしていたかも

知れませんね!

もう、今回もハラハラしっぱなしでした!

次回も楽しみです!


スポンサーリンク