「ヴァンパイア・ダイアリーズ」シーズン6 第2話「エレナの決断」

スポンサーリンク

あらすじ

エレナは、デイモンを失った出来事が辛すぎて押しつぶされてしまいそうだ。

そこで、アラリックにデイモンとの思い出を消してほしいと頼む。

アラリックは、エレナが初めてデイモンを愛した時の思い出を探そうとするが、全くうまくいかなかった。

そんな中、ステファンとボニーを元に戻す事を諦めていないエンゾは調査を続けて、ジェミニ魔女団という存在を知る。

エンゾは、キャロラインと共にステファンの元へ。

しかし、思うような答えはかえって来なかった。

そこでケンカになってしまい、キャロラインはとても傷ついてしまう。

その頃、デイモンとボニーは自分たちがどこにいるのかが分かった。

しかも一日がループしていて同じ日が繰り返される。

2人きり、しかも進まない日々が続いたが・・・・。

ゲスト

コリン・ファーガソン「ユーリカ 地図にない街

脚本 ジュリー・プレック

監督 パスカル・ヴァースク-リス

the-vampire-diaries5

まとめ

もう!もう!

みんな辛すぎて絶望感しかないじゃん!!

ジェレミーはボニーの携帯電話料金を払い続けていたなんて!

しかも、毎日留守電にメッセージを入れるづけてるって!

なに?

そんなの切なすぎるっっっ!!

留守番の応答メッセージはボニーの声だもんね。

それは電話しちゃくなっちゃうよ!

どんなに定型な言葉でも、短くても、語りかけてくれなくても、せめて声だけでも聞けるなら!と電話し続けるジェレミー。

録音されたジェレミーのメッセージが、ボニーに届くはずないとわかっているのに。

どうしても・・・。

どうしても・・・。

別れが電話だなんて余計辛いよね・・・。

実際、顔見たら言えなくなっちゃってたボニーの気持ちも分かるけど、ジェレミーからしたらちゃんと目の前で行ってもらいたかったはず。

でも、目の前で言っちゃうと絶対止められるからみんなを救えなかっただろうし。

ホント、切なすぎて心が痛い・・・。

それから、キャロライン。

前にも書きましたけど、前向きに頑張るキャロラインをホントに応援したくなる!

ステファンとのケンカの後、車で泣いていたキャロライン。

そこにエレナから電話がかかって来て、平然としたふりをした時にはもう涙が噴き出た!!

デイモンとの思い出をアラリックの暗示で忘れられたエレナと、傷ついたキャロラインの落差がまた涙を誘った・・・。

キャロラインのメッセージを、ステファンは全く聞いてくれてなかったのは、すごくすごく悲しかった。

メッセージを聞かなかったんじゃなく、聞けなかったステファンの気持ちも分かるけどね。

結局の所、どうなの?

前回ステファンはアラリックに、魔女と今接触してるっていっておいてステファンもアラリックも諦めた風に振舞ってる。

それは、お芝居だよね?

秘密裏にちゃんとやってるんだよね?

ステファンの彼女??(彼女っぽくないけど)が魔女なのかな?

それとも何か知ってるとか?

だから、みんなに秘密にしなければいけない理由があるとか?

ああああああ!

分からぁぁぁぁぁん!!!

そして、まさかのエンゾ!

まだ諦めず戻す方法を探していたとはすごい!

しかも、キャロラインの為にステファンに警告しに行ったし。

どんどんくいこんでいくんでしょうね。

それから!自警団のリーダー!

なに?なんなの?入植者一族って!!

怖すぎる・・・・!!

マットが利用されないといいけど・・・。

マット真っ直ぐだからな~。

そして、エレナ。

アラリックがすごく頑張ってましたね。

回想シーンが沢山ありました。

なんか、なんか、なんか、なんか!

なんか、いいのかな?

悲しみの乗り越え方は人それぞれだし、長く時間もかかるし、思い出の場所や物、住んでいた所に近づいた時とか怒涛のように感情が押し寄せてくるけど、何度も忘れられたらどんなにいいかと思うけど、それでも向き合うべきじゃなかったんだろうか・・・。

学んで行かないと、また同じ事を繰り返すハメになる。

でも、エレナは壊れそうだったから仕方がないのか・・・。

他の人を亡くした時は、乗り越えようとしてたもんね。

デイモンが帰ってきたら、今度は思い出したいってアラリックに言ったりするのかな?

キャロラインと話していた時、思い出したくなったら思い出せばいいしって簡単に言ってたし。

それにしても、一日のループは嫌すぎる。

ボニーとデイモンはどうなっちゃうんだろう・・・。

誰がいるんだろう・・・。

ちょっと怖いな・・・。

今回も面白かったです!


スポンサーリンク