「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」シーズン8 第13話「最適なストレスレベルの法則」

スポンサーリンク

あらすじ

シェルドンは、暗黒物質に研究を変更して以来全くはかどる気配がない。

そこで、心理学の基本法則にある「適度なストレスを感じさせる事で作業効率があがる」というのを元に、「自分へストレスを与えイラつかせてくれ」とレナード達に頼んだ。

みんなにストレスを与えてもらい、感謝しつつ研究は進む。

だが、研究に没頭するあまり眠る事も食事を取ることもしなくなってしまった。

心配なレナードたちは、ある作戦を考える。

ゲスト

ローラ・スペンサー「BONES」

脚本

ジム・レイノルズ

スティーブ・ホランド

タラ・エルナンデス

原案

エリック・カプラン

マリア・フェラーリ

アダム・フェイバーマン

監督 マーク・チェンドロフスキー

the-big-bang-theory2

まとめ

エイミーがシェルドンに協力してました!

エイミー優しい!

でも、あの風船ならして近づいてくるのはすごいイヤっっっ!!

だから、ストレスを与える方法としてはグッジョブ!!!

シェルドン割っちゃったけどね。

み~んな、シェルドンをイラつかせるのはお手の物ですね。

そのやりとりが面白かった。

「ありがとう、助かった」って言ったシェルドンが可愛かったな~。

夜中にシェルドンがストレスの適正レベルを保つために、ダーズベーダーとジョーカーとゴジラの声をミックスして流してましたけど、あれは勘弁だな!

気になって眠れない!

レナードが「それならせめてヘッドホンしてくれ!」って怒ってたけど、なんでヘッドホンしなかったんだろう。

レナードが起きちゃうとかは、考えなかったんでしょうね。

その後、ヘッドホンをしようとするシェルドンもちょっと可愛かったな~。

エイミーがシェルドンを心配する気持ちが分かる!

ちょっとつづヘンになっちゃって来てるもんね!

ハイって言った方がいいのかな?

ゴジラとかの音声をやめて、臭い帽子をかぶってストレスを上げている辺りなんてそうとうヤバい!

シェルドン、幻覚が見えてるって言ってたしっっ!

思考やアイデアを生み出すのはシェルドン自身で、ストレスや不安じゃないって言ったエイミーが正論でしたね。

でも、テーマを暗黒物質に変更して初めて進んだから、それに固執しちゃうのも分からなくもないんだけど、そこまでだとホント心配になる。

はじめてシェルドンが栄養ドリンク飲んで、大学の中庭でリスを追いかけてレナードの車で吐いたっていってたけど、なんだか想像が出来ちゃうあたりシェルドンのキャラクターってすごいと思いました!

でも、それもヤバい!

ダッシュボードが・・・。

レナード可哀想に・・・。

バーナデットが、「もうやめさせた方がいいんじゃないの?」って言ってくれて良かったけど、ハワード達は研究がすごいと感心!

こういう時って、意見が分かれますよね。

男女の差かな?

性格の差かな?

研究者くくりには出来ないよね?

バーナデットも研究者だけど、休ませる方を選んでるし。

結局、レナードとペニーがシェルドンをだまし寝かせる事に成功!

シェルドンは無事休む事が出来ました!

「おやすみこねこ」を久しぶりに聞いた!

あれ?「おやすみこねこ」って題名だったっけ?

久しぶりだったから忘れちゃった・・・。

そして、エミリーか?シナモンか?のゲームはかなり面白い!

よくもまぁ、あんなに出るもんだなぁ~。

答えシナモンばっかりだったけど。

なんか、海外ドラマ「FRIENDS/フレンズ」のクイズ合戦を思い出しちゃった!

今回も楽しかったです!


スポンサーリンク