「デビアスなメイドたち」シーズン3 第5話「ねじれた関係」

スポンサーリンク

あらすじ

被害者ルイ・ベッカーの事を聞きに警察はジャンビヴィエーヴの元へ。

そこに、友人であり弁護士でもあるマイケル・スタッポードが駆け付け話し合いに。

警察から、ルイ・ベッカーとの関係を聞かれると2~3カ月続いたと言うが、別れた理由は一切言わなかった。

一方、子育てのやり方に対してスペンスとロージーとエルネストの関係はあまりうまくいかない模様。

それでも、何とか歩み寄れるように努力している。

そんな中、ロージーはエルネストとの夢を見てしまい罪悪感でいっぱいになる。

教会へ懺悔しにいくと、司祭様からとんでもない真実を告げられどうしていいものか途方にくれてしまう。

そして、テイラーはマイケルに浮気を疑われていた。

監視していた事も話し、怒るテイラー。

しかし、そこでブランカの事で言い合いになってしまう。

真実を話そうとしないテイラーに怒りを感じ、マイケルは家を出て行った。

ショーランナー

リック・シュアーツランダー

ブライアン・タネンなど

まとめ

ちょっと、ゾイラ!

ジャンヴィエーヴの秘密を人にしゃべっちゃダメじゃん!

しかも!カルメンにだなんて!

ロージーやマリソルならまだしも、カルメンだなんて!

内容が内容なだけに、ジャンヴィエーヴが墓場まで持って行ってって言ってたのに!

でもね・・・。

一度他の人に言っちゃうとダメなんだよね・・・。

もちろん、秘密にしておいてくれる人もいるよ!

いるけど、いくら信用していてもごく少数だと思うもん!

でも、ジャンヴィエーヴがゾイラに言わなくてもルイ・ベッカー捜査で分かったんじゃないかな?

動画を見たのは、何人かいるみたいだし。

そのうちの誰かが、きっと警官に話したんじゃないかと思うんですよね。

ジャンヴィエーヴが怒るのも当然だから、やっぱりギリシャに行っちゃうのかな?

それから、テイラー・スタッポード。

テイラーが、薬を飲んでいる所をみて娘のケイティが「ママ、病気なの?」と聞き、「この薬が幸せな気分を戻してくれる」って話をしてたけど、こういう話を子供にしてしまうのはワナですよね。

だから、テイラーを幸せな気持ちに戻してあげようって思ってワインに薬を入れちゃった訳だし。

あれ、5~6錠は入っていたと思うんですけど子供を責める事は出来ませんよね。

これは、もう大人の不注意としか言いようがありません!

前置きに「どこも悪くない」って言ってしまった手前、なんか、もっとごまかすなら頭痛がしそうとか、歯がちょっとおかしいから一応飲んでおく位にしておけばいいのに。

あそこで、マリソルが来てくれてホントに良かった!!

テイラーは、大丈夫かな?

別の海外ドラマでも、母親や父親がごまかして答えた結果、こういう出来事が結構あったりしますよね。

devious-maids

それから、エイドリアン・パウエル。

もう、ホントカルメンにどこまでやらせる気なんでしょう。

新しい道具も、段ボールにいっぱい!

店に行くより手軽だし、見られなければバレる事もないしって言う理由かな?

でも、結局マリソルに見られちゃったし・・・。

どこまでいってしまうのかしら・・・。

今回マリソルは、エイドリアンの事も見ちゃったし、メイドがかっこいいと思っている事も知られちゃったし驚きっぱなしでしたよね。

それにしても、ロージーはどうなっちゃうんでしょうか?

元夫のエルネストは、亡くなったと言われ中身は入ってないもののお墓もあった。

ロージーは、亡くなっていると思ってて再婚して幸せなのに今でもエルネストの妻ってどういう事?

2番目の結婚は無効で罪ってどういう事?

だって、亡くなったって言われてたんだって!

生きてるって知ってたら再婚しないで待ってたって!

そんな状況でも無効なの?

ああああああ!

難しいっっっっ!!

最後に、ブランカはどこへ?

テイラーの電話相手が絡んでいるの?

どんどん複雑になっていくっっっっ!!

今、気づいたんですけど

「デビアスなメイドたち」ってタイトルなのに、

今は、4人中2人だけになってるんですね。

今回も楽しかったです!


スポンサーリンク