海外ドラマ「ER 緊急救命室」のあの俳優は、俳優業だけじゃなかった!

スポンサーリンク

ER 緊急救命室

1994年から2009年まで全15シーズン(シリーズ通算331話)に渡り放送された大ヒット海外ドラマ「ER 緊急救命室」。

その「ER 緊急救命室」で、シーズン1からシーズン8まで外科医ピーター・ベントン役を演じたエリク・ラ・サル(Eriq La Salle)は、俳優業以外にも監督業もやっていました!!

「ER 緊急救命室」をみはじめたきっかけは、「面白いからみてみてよ!」と友人から言われたからなんですけど、もうすでにシーズンを重ねていて「途中からでも分かる?」と聞いたら「大丈夫!わかるわかる!」と言われたからなんです。

教えてもらえなかったらみなかったかも。

人気があったし名前は知っていても、やっぱりシーズンを重ねていると、そのうち何かの機会に再放送があればみてみようかな~?位にしか思ってなかったので。

あのスピード感と、それぞれの人生に魅了されすっかりファンになりました!!

ベントン先生に降板のうわさがあった時

「ホントにベントン先生やめちゃうのかな?どうなのかな?」

な~んて、友人と話をしたのを思い出す。

結局、本当にベントン先生は息子の為にERを去る形で降板しました。

ベントンとカーターの別れのシーンに大号泣。

ベントンはカーターの教育係だったし、厳しくても野心家でも時に優しくて、カーターもベントンへの尊敬と感謝と友情とを示してすごく良いシーンだったと思います。

ちなみに、一番好きだったのはグリーン先生。

でもベントン先生も好きでした!

俳優業

実は、ベントン先生を演じたエリク・ラ・サルは、監督業でも活躍しています!

「ER 緊急救命室」でも監督をした事があるとか!

「メンタリスト」のサイモン・ベイカー、「CHACK/チャック」のザッカリー・リーヴァイなどなど、他にも俳優さんで監督業もやっている人は数多くいらっしゃいますよね!

エリク・ラ・サルは、結構色んな海外ドラマの監督をしています!

「トワイライトゾーン」

「24」

「once upon a time/ ワンス・アポン・ア・タイム」

「CSI:サイバー」

「ナイトシフト 真夜中の救命医」

「シカゴP.D.」

「Chicago Med」

「アンダー・ザ・ドーム」

などなど。

日本で放送していない海外ドラマの監督もやっています。

1996年 映画「リバウンド」で監督デビューを果たしているので、長い事メガホンをとっていることになるますね。

現在

もちろん、エリク・ラ・サルは俳優業も頑張ってます!

アメリカでは2017年3月、日本では2017年6月に公開予定で、ヒュー・ジャックマン主演の映画「ローガン」(原題:Logan)に出演します!

この映画「ローガン」は、マーベル・コミックによるアメリカン・コミック「X-MEN」の主人公ウルヴァリンが主人公のスピンオフ作品で、今まで3作品上映されていて大ヒットに!

ヒュー・ジャックマン演じるウルヴァリンとパトリック・スチュワート演じるプロフェッサーXは、これで最後になるそうです。

これからどんな海外ドラマの監督をするんでしょうかね?

すごく楽しみにするとともに、数々の監督業をこなし、俳優としても多忙なエリス・ラ・サルを応援したいと思います!!!


スポンサーリンク