「ナイトシフト 真夜中の救命医」シーズン1 第5話「大停電の夜」

スポンサーリンク

あらすじ

10年に1度の大嵐が街を襲う。

そのため、サンアントニオ記念病院は患者であふれていた。

にも関わらず、停電になってしまう。

発電機があるものの、油断はできない状態だ。

そんな中、竜巻でトレーラーパークに被害がでる。

お互いの存在が気に入らないTCとジョーダンの彼氏クレメンスは、現場へ急行。

状態は悲惨だった。

そこで、潰れかけたトレーラーの中へ入るTCたち。

肺ヘルニアの母親を処置し、息子と共に病院へ運ぶ。

母親は重傷ですぐ手術を受けなければなかなかった。

しかし、TCとクレメンスはそこでもお互いに対立してしまう。

トファーはある男性患者を処置している。

なんと、その男性はランドリーの父親だった。

その時、トファーに電話がかかってくる。

パニックしている妻の話を聞くと、道路端で出産がはじまっているらしい。

トファーは、急いで妻の元へ向かう。

監督

エリク・ラ・サル「ER 緊急救命室・ドクター・ベントン役」

原題:Storm Watch

視聴者数 592万人

まとめ

なんなんだ!

このてんこ盛りの出来事は!

まるで「ER 緊急救命室」をみているようだった!

今回の監督が、「ER 緊急救命室」の外科医ベントン役を演じたエリク・ラ・サルだから?ともちょっと思ったんですけど、脚本家が脚本を書いている訳だしな。

要望とか打ち合わせとかしたんだろうか?と思ってしまうほどでした!

トファーの赤ちゃん!無事に産まれて良かった!!

ホント良かった!

車での出産。

しかも双子の1人は逆子!

もう、逆子だって分かった時の「無事産まれておくれ!」って気持ちがすごかったですよっっっ!

長女の娘さんも頑張った!!エラい!!

結局TCの計らいで、無事病院に来られて産まれた時泣いた!!

めちゃくちゃ泣いた!!

トファーやTCやみんなの祝福が嬉しすぎた!!

それとは、真逆のランドリー。

あの父親は酷い。

父親と縁を切るって事は、母親とも縁が切れるって事だって言ってましたね。

お母さん、どうして夫から逃げないんだろう。

怖いのも分かる!分かるんだけど、しばらく娘を頼ってもいいんじゃないの?

父親と手が切れるなら、ランドリーは絶対に手を貸してくれるよ。

職業柄、警察にだって知り合いいるって!絶対!

弟や妹の学費も払って言ってましたよね。

と、言う事は、妹や弟はこの父親と住んでるって事かな?

ダメだよお母さん!

もっと、もっと早く手を切らなきゃダメだったんだよ!

いつからダメな父親かはまだ分からないけど、昔からならランドリーが小さい時に遠ざけてあげるべきだったと思う。

子供たちが大事なら、連れてどこまでも逃げるべきだと思ってしまいます。

簡単じゃないですけどね。

子供や自分の未来のために、そうするべきだったんじゃないか?という疑問はどうしても拭えない。

結局、マイケルにお金の面も、精神面も救われたランドリー。

もっとマイケルに話して、頼りになってもらうんだランドリー!

あなたにも、幸せになる権利がある!!

なんか、TCに言えなかったの分かる気がする。

どんなことでも、1人で抱え込むのには限界がある。

自分1人で何とかできるうちは、それでいい。

でも、抱え込めば、抱え込むほど、何かのきっかけで爆発や後退をしてしまう。

もらえる勇気ももらえない。

出来る前進も出来なくなる。

そのうち周りも見えなくなって、自分が何者かも見失ってしまう。

でも今回、マイケルに話したランドリーの選択は正しかったと思いました。

そして、ポール。

TCが言ったように、小児科医を目指せばいいのに。

でも、無理なんですよね。

外科医の家系なんですもんね。

もしかして、反対を押し切って小児科医になっちゃう?

優しくて良い先生は、子供も親も落ち着くものだから良いと思うんですけどね。

最後に、ベッドに横たわっている親子をいたわるポール。

怪我の具合や、あった出来事をきちんと話していたのは素敵だった!

ところで、マイケル・ラゴーサ事務長を演じる、フレディ・ロドリゲス。

彼をはじめてみたときに、

「どこかでみたことある!どこだ?どこだ?」ってずっと考えていたんですよ。

5話目にしてようやく思いだした!

海外ドラマ「アグリー・ベティ」のジオだった!!

サンドイッチ作ってたジオ!

あとで、サンドイッチショップを開くジオ!

いやぁ~。すっきりしました!!

「アグリー・ベティ」の時は、スーツを着るようなキャラクターじゃなかったし、雰囲気も違うので思いだすのに時間がかかったしまいましたよ。

そんなわけで、まだ何話かたまっているので続きを見たいと思います!


スポンサーリンク