「BLACKLIST/ブラックリスト」シーズン4  第6話「つぐみ」

スポンサーリンク

あらすじ

エリザベスとトムの娘、アグネス奪還へと繋がる今回の人物、ルブロン。

彼の身柄を捕獲し、レディントンはある作戦にでた。

その作戦が成功したおかげで、情報が漏れている核心をもったレディントンは次なる作戦に打って出る。

そんな中、アラムは新しい恋人と順調だった。

しかし、彼女が自分を好きだから近づいていた訳じゃなく、任務のために近づいてきたという真実を知り、怒りがおさまらないアラム。

彼は、作戦に参加し恋人をはめようとする。

一方、ミスターキャプランはまだ捕らわれたままだった。

相変わらず得体の知れないブキミな男は、キャプランを帰す気など全くない。

ゲスト

ウルリク・トムセン「セレブレーション」

ディアドレ・ラヴジョイ「THE WIRE/ザ・ワイヤー」

脚本・原案 ダニエル・ナウフ

原案 デイヴ・メッツガー

まとめ

やった!!

やったぁぁぁぁぁ!!

アグネスが!

アグネスが帰ってきたっっっ!!

やっと!やっと!奪還が成功したぁぁぁぁ!!

嬉しいっっっ!!

ようやく帰ってきたアグネス!

なんだかんだあったけど、リズもトムもよく耐えたと思います!!

レディントンのアグネスを見る目。

あれ、どうなんでしょうね?

愛しくて、嬉しくてたまらない様な、それでいて守れなくてごめんな。

救出が遅れてごめんな。みたいな複雑な感じの表情!

あれだけで、アグネスを大切に思っている事がありありと分かりました!!

本当にエリザベスの母、愛するカタリーナ・ロストバの娘だからエリザベスを守っているだけ?

でも、アグネスをみる表情にそれ以上のものを感じる。

それとも、子供が小さい頃の事を思い出した?

そして、疑問はつきない!

本当に、エリザベスってカークの娘?

DNAレポートは、本物なの?

でも、予告でエリザベスが、カークのために移植手術をする感じのものだったしなぁ~。

エリザベスの記憶って本当に確かなの?

昔、レディントンに記憶を操作されてたっていってたよね?

あの別荘や、タイムカプセルを埋めた記憶は本当に本物?

なんだかこの辺りも、なんとなくまだ何かありそうで油断できない。

なんといっても「ブラックリスト」だもん!

そんなのは、すぐ覆ってしまう!

それから、アラム。

恋人が「つぐみ」だったなんて!

利用されてただけだったなんて!

そりゃ~怒るさ!!

そうだ!もっと怒ってしまえっっっ!!

アラム、良い人なのに!

そんなアラムを利用するなんて絶対ダメだ!!

アラムは、ナヴァービと良い感じな方がいい!

ナヴァービは、移動もしなくなったし!

幸せになってほしい!ぜひ!!

アラムって、はじめはレギュラーじゃなかったんですよね。

シーズン1から、結構出てるのになんでかな~って思ってたんですよ。

それを言ったら、デンベも、はじめはレギュラーじゃなかったんですよね。

レギュラーになるべくしてなったって感じがします!

ちなみに、アラムもデンベも大好き!!

そして、ミスターキャプラン。

なに?

なに?あれ!!

めちゃくちゃ怖い!怖すぎるっっっ!!

ミスターキャプランの右目に銀色の何かが沢山刺さってるのってなに?

あれは、治療なの?

あの男がやったって事なんだよね??

それにしても、何者なんでしょうか?

あの不気味すぎる感じ!

あの精神的な恐怖感をあたえる雰囲気!

もう、だめすぎるっっっっっ!

キャプランがいるって、誰も気がつかないの?

そうだよね、誰も気がつかないよね!

あ!そうだ!デンベが罪の意識で祈ってたりしたから、弔いにあそこへいったりしない?

ミスターキャプランがいなかったら、探すよね。

でも・・・。

レディントンを裏切る事になるかな・・・。

ええええええ!!

ちょっと待って・・・。

このままは、ヤバい!限りなくヤバいって!!

ミスターキャプラン無事でいて!!

今回は、アグネス奪還が成功して満足です!

あそこで、アグネスを抱いたカークが落ちたら、もうどうしていいか分からなかった!

それにしても、久々にご登場。

地下のあの特別なオリ?うんオリ。

なんだか、良い思い出が1つもないですが、そこにカークが入りました。

カークの病気もどうなるんでしょうね。

カークがブラックリストの中に入ってなかった事にも驚きました!

今回も面白かったです!

アグネス!ばんざーい!!


スポンサーリンク