Fuller House/フラーハウス シーズン1 第2話「ジャクソンの反抗計画」

スポンサーリンク

あらすじ

DJの子育てを手伝うため、今日キミーと娘のラモーナは家に引っ越してくる。

ところがDJは、その事を息子たちに言えずにいた。

パンケーキを焼いて、チョコレートソースや生クリームを大量にトッピングして機嫌を取ろうとするものの、長男ジャクソンは何かあるんじゃないかと怪しんでいる。

一方、DJとステファニーの伯父ジェシーは、忘れ物を取りに家に来た。

ステファニーが、ジャクソンに言い聞かせるのを目の当たりにし、素直に成長を喜び帰るが・・・?

原題

「Moving Day」

脚本 ジェフ・フランクリン「フルハウス」

監督 マーク・チェンドロフスキー

「ビッグバン★セオリーギークなボクらの恋愛法則」

まとめ

ヤバい・・・。

1話は、同窓会の様な気持で嬉しくて仕方なくて、正直懐かしさがメインだったんですが・・・。

2話目、めちゃくちゃ面白かった!!

変な言い方だけど、ちゃんと「フラーハウス」だったっっっ!!

「フルハウス」の時は娘たちで、今回息子たちだから雰囲気変わってどうなのかな?って思ってたんですけど、そんな心配は無用でした!

長男ジャクソンは、13歳です。

13歳で部屋を取られるのはちょっと可哀想でした。

1人部屋にいて、好きな事を干渉されずにやりたい年頃でしょ。

なのに、7歳のマックスといきなり同室ですもんね。

マックスは、ジャクソンとの同室に大喜び!

ホント、DJとステファニーの頃を思い出して微笑ましかったです。

DJは、ガレージに逃げ込みましたよね。

これは、通りを渡るのも許可がいるダニーの教育のたまもの?

それとも、女の子だからかな?

でも、ジャクソンはLAに帰るジェシーの車の中に逃げ込んで一緒についていこうとしました!

アクティブだな。男の子だからかな?

男の子の行動力すごいな!

なにするか分からない!!

でもね、DJとジャクソンの気持ち分かります。

一番上ってホント損をすることが多い!

しかも、小さいうちは兄弟の事とかで損をする事がてんこ盛り!

でも、結局は折れるしかなくて、そのうち慣れてくる。

頑張れ!ジャクソン!

それから、キーミーとステファニーのやりとりが面白い!

「フルハウス」の時からそうだったけど、大人になってからも言い合えるのは、素敵だな~って思いました。

それこそ小さい時には、「頭からっぽ」だとか小さい時なりの言い合いでしたが、大人になってからは大人の言い合いで、それがもう可笑しくて!

大人になったんだな~と今でも思ってしまう。

これ、ずっと思うのかな?

キミーのね、子供との接し方面白くて好きです。

家に入らないラモーナの携帯電話を取り上げて、家の中に投げちゃうの。

めちゃくちゃ笑いました!

DJだったらきっと、「そんなこと言わないで」と説得に入ると思うんですが、キミーは昔から、「人の弱み見つけて暴露しちゃうよ!」と言っていた通り、ラモーナの弱みに付け込み一発解決!素晴らしい!!

それから、DJの言えない感じもDJのままで、から回りっぷりが面白かった!

DJ、ステファニー、キミーの組み合わせは本当に最高!!

DJとステファニーの冷蔵庫の前の出来ごとなんて、ホント自然すぎる!

本当の姉妹じゃないのに、本当の姉妹にみえる!

そこに、キミーが加わってもホントの家族に見えるほどナチュラルすぎる!

もちろん「フルハウス」というベースがあったからこそなんですけど、それを行かせるドラマ作りは本当にすごいと思いました。

最後に、ジェシーおいたん!

最後にみんなで和解し、ハグをしているのをみたおいたんの愛情あふれるあの顔!

みんなで解決できて、子育ての醍醐味を感じている様な、信じてたよみたいななあの笑顔!

「バイオリン聞こえないか?」って言った後のあの顔ですよ!

素敵すぎるでしょ!

ヤバいでしょ!

ジョン・ステイモスは、制作総指揮なので他のオリジナルキャストより出演すると思うんですけど、こういう顔がたくさんみられるのかな~。と思うと嬉しいですね!

ハグする時、DJにかけよるマックスが可愛かった!

いつまで、駆け寄ってくれるかな~?

ホント、面白かったです!

はやく、続きをみなくては!


スポンサーリンク