「BLACKLIST/ブラックリスト」シーズン4  第7話「エイドリアン・ショウ医師(前編)」

スポンサーリンク

あらすじ

カークの病状が悪化し、病院へ救急搬送される。

カークが助かるためには、もう身内の移植しかない。

エリザベスは、カークを助けるべきなのか?そうじゃないのかを悩んでいた。

今移植を拒み、カークが逝く事をだまってみている自分も許せない。

しかし、ここで助けなければ自分の過去を聞く事は出来ない。

エリザベスは考えた末、夫トムの反対も聞かず移植を決意した。

ゲスト

ウルリク・トムセン「セレブレーション」

リンダ・エモンド「グッド・ワイフ」

脚本 チャップ・テイラー

監督 アンドリュー・マッカーシー

まとめ

もう分からない・・・。

本当に、カークは父親なの?

レディントンが、検査結果を操作したってカークは言ってたけど嘘なの?

レディントンは、結果を操作したの?

本当に、カークはエリザベスが娘だと思っていたの?

レディントンが散々言っていた「カークはきみの父親ではない」と言っていた言葉は本当の事だったの??

みんながみんな、真実にも聞こえるし嘘にも聞こえる!!

真実はどこにあるんだっっっ!!!

次回予告で、カークがレディントンに「エリザベスの父親か?」って聞いてましたけど、そう見せかけて違うんでしょ?

ブラックリストだもん!

レディントンは散々、「私は君の父親ではない」って言ってきてるけどそれも嘘なの?

じゃあ、エリザベスの母親カタリーナ・ロストバとの関係も嘘?

あの日記はフェイクなの?

エリザベスに思いこませる大きすぎるフェイク?

疑い出したらキリがない!!

あああああ!分からない!!!

そんなのばかりだから、なんだかレスラーやナヴァービたちがやたら真っ直ぐにみえる。

エリザベスが移植しようと思ったのは分かります。

カークが父親だと思っていたのもそうだし、助けなかったら自分が許せないって言ってましたけど、それも分かります。

自分の過去も、ずっと知りたかった訳だし。

知るチャンスは、今しかないと思うのも分かります。

これ、ちょっと難しい問題ですよね。

トムが大反対するのが、普通の考えなんじゃないでしょうか?

トムが、「過去はどうでもいい。未来がある」みたいな事を言ってましたけど、良い言葉だな~と思いました。

それでも、響かないのねエリザベス。

まぁエリザベスらしいと言えばエリザベスらしいですけどね。

そうやって、人の言う事を聞かず自分の強い意志を持ってガンガン行動していったからこそ、トムと結婚できて、アグネスが産まれた訳だし。

自分の意思を貫くってなかなか難しい事だと思うんですよ。

周りや状況的に折れようとか、ここは我慢しようとか、どうしてもそっちに行きがちだし、そこで折れずに貫くとわがままで自分勝手な奴だと言われてしまう。

みんなが味方なら、それもさほど難しくないかも知れないけど、大体そうじゃないし。

だから、時々「ちょっと?エリザベス?」って思う事もあるけど、すごいよな~って思う事もあるんです。

でも、そうじゃないとレディントンとトムとはやっていけないか!

自分を貫いて強くないと、自分の心がやられてしまいますもんね。

それにしても、ナヴァービたちはもうエリザベスがした事を許したの?

ハロルドとアラムは、分かるんですよ。

この2人は、怒っていたけどエリザベスが生きていてくれて良かったし、アグネスの事を考えたのも理解できるみたいな事を言っていた事もあるし。

ナヴァービやレスラーってどうなんだろう。

まぁ、レスラーは頑固だけど状況が状況だっただけに許してあげてると思うんですけどね。

でも、ナヴァービはまだ怒ったまま?

そこら辺のエピソードあったっけ?

アグネス奪還のために、普通に捜査していこうって言う形をとっていっていたので、みんな普通に話しているからこの辺りはスルーなのかな?

カークとエリザベスとレディントンの話しになっているから、わざわざ蒸し返さないのかもしれない。

テンポの問題もあるんだろうし。

さて、次回の8話で「エイドリアン・ショウ医師」後半が放送されるので、ミスターキャプランの事が分かるのはその後かな~?

どうなってるんでしょうね、ミスターキャプラン・・・。

お願いだから無事でいて!!!


スポンサーリンク