「BLACKLIST/ブラックリスト」シーズン4  第9話「リペット・シーフード社」

スポンサーリンク

あらすじ

メリーランド州にあるリペット・シーフード社。

その会社の奥では、魚の中に仕込んであるチップを取り出す作業を行っている。

その時、突然謎の集団がやってきて襲撃された。

一方、付き合っていた元恋人が「つぐみ」だった事で、立証見分を受ける事にななったアラム。

不安だったアラムにナヴァービは、優しく声をかけ、無罪放免になったらお祝いしようと言うのだった。

しかし、ナヴァービは連れ去られてしまい新たな真実が浮き彫りになってしまう・・・。

脚本

ドーン・デヌーン

原案

ルーカス・ライター

デイヴ・メッツガー

監督 ドラルド・E・ソーリン・Jr

まとめ

エリザベス!特別捜査官復帰おめでとう!!

結構長かったんじゃない?

シーズン2の最後あたりからだったっけ?

シーズン3からだったっけ?

ちょっとここら辺があやふやなんですが、レディントンがエリザベスの指名手配を取り消すために動いた時にFBIを辞職したような記憶があるので、シーズン3かな?

エリザベス役のメーガン・ブーンの産後が落ち着いたんでしょうかね。

走ったりはしてたけど、派手なアクションはしてなかったですもんね。

それにしてもエリザベスは、特別捜査官に戻ってないのにいつもFBIにいたり、尋問したり、捜査に加わったりしてたのはなぜ?

アグネス奪還計画の時に捜査に加わっていたのは。自分の娘の事だし協力者として分かるんですが、奪還した後も加わっていたので顧問的な感じで関わってたのかな?

でも、あれだけ世の中を騒がす事件を起こしてしまったのだから顧問にすらなれないような気もするんですが・・・・。

でも、エリザベスがいなかったらレディントンは協力しないので、きっとそのために居たんでしょうね!

暗黙の了解、非公式の顧問と言った感じでしょうかね。

なんにしても、レディントンのおかげで復帰です!

でも、アグネスのためにもう危ない仕事はしないみたいな事を言っていたような・・・。

あれ?言ってなかったっけ?

何にしても、良いお家が見つかるといいな~♪

そして、アラム。

もう、騙された上に国の記録に残ってしまうなんて!

もう、何と言っていいやら・・・。

せっかく、ナヴァービと良い感じになってきて「あ!やっと!やっとこの2人前に進むのね!」な~んて思っていたら、ダメだった・・・。

ああ。何と言っていいやら・・・。

アラムは、ナヴァービの事がずっと好きでもあれはダメだよな・・・。

アラムだもん。

これから何かきっかけがあって、再び進める事があるんでしょうか?

ナヴァービが、国への忠誠を捨てるとは思えない。

もし捨てたら本物だけど、消せない現実があるからどうなんでしょうか?

でもナヴァービは、アラムが好きだと認めましたね。

はじめてじゃない?認めたの。

自分の中では分かってたんだろうけど、人に言う位好きになっていたなんて。

だからこそ余計、このすれ違いが大きく感じるのかも知れない。

アラム!ここはいっそのこと!

相手が何者であれ、レディントンやカークのように認めてしまうんだ!

それでも愛していると!

でも、まぁ、そんな事は普通に暮らしている人なら無理か・・・。

すれ違いばかり続いてしまったアラムとナヴァービ・・・。

幸せになれる日が来るんだろうか・・・。

状況的に難しそうな気もするが・・・。

しかし、やっぱりナヴァービは強い!

精神的にすごい!

レスラーたちが必死に探して、救出される時までしゃべらなかったし、車から降りて来た時も、崩れ落ちず歩いて合流したんだもん!

慣れているし、訓練を受けている人はこうも違うのか!と思ってしまいました。

ところで、ナヴァービ役のモズハン・マーノは海外ドラマ「ハウス・オブ・カード 野望への階段」シーズン2でジャーナリストのアイラ・サヤドを演じたり「メンタリスト」のシーズン3にゲスト出演したりしていたんですよ。

北欧のドラマが洗練されていると感じており、好きでよく観ているんだとか。

海外ドラマ「MR.ROBOT/ミスターロボット」をみた時は、あまりに率直でダークでショックみたいなものを受けたんだそうです。

確かに、「MR.ROBOT/ミスターロボット」をみてそう思うのは分かる気がする!

アラム役のアミール・アリソンは、スクービー・ドゥの声優として、ワーナーブラザーズに認定されているそうです。

役柄と違って、パソコンには詳しくないんだとか。

撮影では、技術的なオペレーターとアドバイザーが2人ついているそうです。

アメリカで育っていますが、名前のせいでイスラエル出身だという印象を持たれるんだとか。

話を戻してっと、

それにしても、レディントンってどこまで出来るんでしょうか?

人脈が広いって言うのもあるし、その人脈を色んな手段として使ってて、どれだけキレ者なんだ!と思ってしまう!

でも、結局カークは生きてるんですよね。

生きてるって思わせているだけ?

ここらへんもちょっとまだ分かりませんが、生きていたらきっとまた登場するんじゃないでしょうか?

でも、エリザベスは娘じゃないんだからカタリーナ・ロストヴァ関連で出て来るのかも知れない。

今回、ミスター・キャプラン出てこなかった!

あの後どうなったか早く知りたい!

予告編で、アラムが倒れていたのでそれもどういう事なのか気になります!!

と、言う訳で今回も面白かったです!!

次回は、エリザベスがガンガン捜査に挑みそうな予感。


スポンサーリンク