時を経て嬉しい舞台化!あの大人気海外ドラマが復活!

スポンサーリンク

舞台化

アメリカのNBCで、1994年~2004年に全10シーズン・通算238話に渡り放送され、放送されれば視聴率は常にトップ10入りを果たす。

第1シーズンから最終である第10シーズンでは、必ず年間視聴者数トップ10入りを果たしていた大ヒット海外ドラマ。

その海外ドラマとは!

「FRIENDS/フレンズ」

その「FRIENDS/フレンズ」が、オフブロードウェイ・ミュージカルになるという。

(オフ・ブロードウェイとは、ニューヨーク市マンハッタンにある比較的小さい劇場で上演されるプロ演劇の事。目安としては、100席から500席未満が入場できる広さである)

原題は「Friends!The Musical !」

キャストは、残念ながらオリジナルメンバーとは違うものの、2017年秋にニューヨークのアッパーウエストサイドにあるトライアドシアターにて公演される事になった。

オリジナルキャストのイメージが強いので、受け入れられるか?そうでないかは様々だろう。

欲を言えば、続編の方を希望するファンも大勢いると思うが、どんな形であれ復活は嬉しいものかもしれない。

タイトル

「FRIENDS/フレンズ」という題名に決まったが、実は他の候補もあった。

「Insomnia Cafe」(眠れないカフェ)

「Across the Hall」(廊下を横切って)

「Friends Like Us」(友達は私達が好き)

など、他にもあった。

ドラマの内容を知っていれば候補に挙がったのも納得出来るが、やはり「FRIENDS/フレンズ」の方がしっくり来るかも知れない。

交渉

出演料の交渉はキャスト自らが行い、最終的には1人1話につき約1億円になった。

実は、この「自ら行うようになった出演料交渉」をはじめに呼びかけたのは、ロス役のデヴィッド・シュワイマーだと言う。

シーズン1当初、主役格はロス役のデヴィッド・シュワイマーと、レイチェル役のジェニファー・アニストンだったため、ギャラに差があった。シーズン2の更新時にデビッドは、「6人全員が同額の出演料をもらえるように一緒に交渉しよう」と言い、その後メイン6人の出演料は同じになった。

更に人気があがっても、この6人同額は変わらなかったという。

この時のデビッド・シュワーマーの行動力と行為を、ジョーイ・トリビアーニ役のマット・ルブランは感激したそうだ。

コートニー・コックス

1964年6月15日生まれ。

現在52歳。

1987年~1989年に放送された大ヒット海外ドラマで、マイケル・J・フォックス主演の「ファミリータイズ」に出演し、注目されるようになる。

のちに海外ドラマ「FRIEND/フレンズ」でモニカ・ゲラー役を演じ大ブレイクを果たした。

結婚し子供を望んだものの、なかなか恵まれなかった。

コートニー・コックスは「太れない体質」で、子供を授かるにはもう少し太った方がいいと言われという。しかし、自分ではどうにも太れないためトレーナーをつけ太る事が出来た。

それを行っていたのは、「FRIEND/フレンズ」に出演している時だったのでモニカの体系も変わっている。

2004年には、待望の子供を出産。ココと命名した。

現在ココちゃんは、今年で13歳になり演技のレッスンを重ねている。コートニーが監督したPVにも出演していた。

映画「メリーに首ったけ」の主人公メリー・ジェンセン・マシューズを演じているのはキャメロン・ディアスだが、制作側は最後までコートニ・コックスとどちらにしようか悩んでいたと言う。

2007年には、コートニー主演で製作総指揮の海外ドラマ「Diet」を制作。その過激な内容に衝撃を受けた視聴者もいた。

2009年~2013年。自ら主演、制作総指揮を行ったコメディ「クーガータウン」を発表。しかし、このタイトルが物議をかもし出す。

タイトルを変える事も考えたようだが、シーズン3でアメリカのABCに打ち切られた。

のちに別の放送局からシーズン4がスタートし、平均視聴者数200万人以上をキープ。成人層の18歳~49歳に最も指示されている番組の1つになり、シーズン6をもって終了した。

フルシーズンの再放送を望むにしても、途中で放送局を変えているため難しいと言われている。

2016年には、イギリスの海外ドラマ「トゥルーシング」に出演が決まった。

「FRIENDS/フレンズ」のメンバーとテレビで久々に再会したり、監督業や女優、制作など、マルチな才能を発揮しているコートニ・コックス。今後の活躍も期待したい。


スポンサーリンク