なんでそんな愛称なの?海外ドラマの疑問!

スポンサーリンク

愛称

親しみを込めて呼ぶ愛称。

(愛称とは、親しみを込めて呼ぶために使われるあだなやニックネームなどの事)

海外ドラマでは、初め名前で呼んでいてもシーズンを重ねていくうちに愛称で呼び合うって事も多いですよね。

シーズン1の初めから仲が良い設定の場合は、スタート時から愛称で呼び合っているものもあります。日本の場合は、海外の愛称にあまりなじみがないので吹き替えや字幕の時には、はじめ本名で呼び合い視聴者に覚えてもらい、シーズンや話数を重ね覚えてもらってから愛称に変わっていきます。

そうですよね。初めから愛称で呼ばれていたらそれが名前だと思ってしまう。

日本ではだいたい「大輔くん」だったら大ちゃんとか「さやかちゃん」さやちゃんとか、中には名前に全く関係ない愛称もありますが大方名前にちなんだ愛称が多いですよね。

でも、外国って「え?なんでそうなるの?」ってありません?

こればっかりは愛称なので、なんでそうなるの?って思っても仕方がない事なんですが、疑問に思ってピックアップしてみました!

今回は、女性編です。

シャーロット

シャーロットの愛称は「チャーリー」

これは海外ドラマ「グッドラック・チャーリ」で、二女の末っ子の名前がシャーロットと名付けられ、チャーリーと呼ぶ事に!「なんで!チャーリーなの!!」とそりゃ~驚きました!

なぜチャーリー=シャーロットなの??

全く別の名前に聞こえません?

知らなかったら、チャーリーはチャーリーだと思ってた!

(「グッドラックチャーリー」で、チャーリー役を演じたミア・タラリコ)

英語圏ではシャーロット、フランス圏ではシャルロット、ドイツ圏ではシャルロッテになるそうですが、どれも愛称は「チャーリー」なんだそうです。

小さいとか可愛らしい女の子とか、そういった意味があるとか。

他の海外ドラマでも「シャーロット」という名前のキャラクターがいますが、英語のセリフを聞いたらチャーリーって呼んでるかも知れない。残念ながら、シャーロットが出ている海外ドラマはどれも吹き替え版しか観た事がないので確認出来ず。今度確認してみようかな~。

キャサリン

キャサリンの愛称は、「ケイト」「キャシー」「キャス」です。

これも言っちゃう!

キャサリン=ケイトなのはなぜ?

海外ドラマ「キャッスル」にメインで登場するケイト・ベケット。本名はキャサリン・ホートン・ベケットです!

あなたの名前はケイトじゃなかったの?

ケイト・ベケットだって自己紹介してたよね?

ケイトだって信じていたのに!!

ずっとケイトが本名だと思ってたので、知った時びっくりしましたよ!

(「キャッスル」でケイト・ベケット役を演じたスタナ・カティック)

吹き替え版では、初めのうちキャサリンって呼んだりしてたのかな?ずっと字幕版で観ていたんですけど、ずっとケイトだったような・・・。もう、シーズン1は昔すぎて忘れてしまった。もしかしたら父親がキャサリンって呼んでたかも知れない。あれ?キャッスルのお母さんがキャサリンって呼んでた事もあったかも。あやふやだ~。

ギリシャ語の「カタラ」から出た名前で、国によってキャサリン、カトリーヌ、エカテリーナ、カテリーナ、カトリーナ、カタリーナなどとなるそうです。

と、言う事は、海外ドラマ「ブラックリスト」でエリザベスの母、カタリーナ・ロストヴァはキャサリンと同じって事なのね~。

ガブリエル

ガブリエルやガブリエラの愛称は「ギャビー」「ガビ」です。

どうしてガブリエラ=ギャビー??

海外ドラマ「デスパレートな妻たち」にガブリエル・ソリスというキャラクターがいるんですが、吹き替え版でいきなりガブリエルからギャビーに変わったので「え?ギャビーって誰?」って一瞬なりました!

(「デスパレートな妻たち」でガブリエル・ソリスを演じたエヴァ・ロンゴリア)

これでガブリエル=ギャビーだと知ったので、海外ドラマ「シカゴファイア」の中でガブリエラ・ドーソンというキャラクターがいるんですが、ギャビーと呼ばれ始めても違和感なく「ああ、愛称に変わったのね」くらいですみました。

旧約聖書「ダニエル書」に登場する天使の名が由来だそうです。

エリザベス

エリザベスの愛称は「ベス」「ベティ」「ベッツィー」「リリアン」「リズ」「ライザ」「リサ」「イライザ」

これは沢山ありますね!

エリザベスなのにリリアンって!なにをもってしてイライザって?

いや~、不思議だわ~。

海外ドラマ「ブラックリスト」にエリザベス・キーンというキャラクターがいるんですが、「エリザベス」や「リズ」と呼び方が統一されていないので「愛称なんだな~」くらいで驚く事はなかったです。いきなり「リズ」にな変わったら「リズって誰だ!」ってなったと思う。

(「ブラックリスト」でエリザベス・キーン役を演じるメーガン・ブーン)

もとは、旧聖書の登場人物アロンの妻にあたる「エリシェバ」から来ているそうです。

と、言う事は「リサとガスパール」のリサってエリザベスと同じって事なのかな?

リサはリサなんだけどな~。

オリヴィア

オリヴィアの愛称は「オリー」「オルヴァ」「リビア」「ノリー」「ノラ」「リブ」「リヴァ」

「オリー」ならまだわかるけど「ノリー」「ノラ」ってなんだ?

海外ドラマ「うわさのツインズ リブとマディ」に、リブ・ルーニーというキャラクターがいるんですが、じゃあリブは愛称で実はオリヴィアって名前だったのね。知らなかった!リブはリブだと思ってた!

(「うわさのツインズ リブとマディ」で、リブ・ルーニーとマディー・ルーニー2役演じているダブ・キャメロン)

ちなみにリブ(オリヴィア)は双子で、もう1人マディ・ルーニーというキャラクターがいるんですけど、マディも愛称で名前はマチルダになるそうです。

海外ドラマ「フリンジ」の主人公で、オリビア・ダナムというキャラクターがいるんですけど、愛称で呼ばれてたかな?吹き替え版で観ていたのでそれでは最後までオリビアって呼んでたけど、英語では愛称もあったかも知れない。大好きなので今度は字幕で観てみよう!

レベッカ

レベッカの愛称は「ベッキー」「ベッキ」「ベッカ」

う~ん・・・。「ベ」と「ッ」しか共通がない・・・。

レベッカと言えば、自分の中では海外ドラマ「フルハウス」です!

「フルハウス」を観ていた時は、海外ドラマに全く詳しくなくて「なんでレベッカなのにベッキーって呼んでるんだろう?」って分かってなかったんですよね。それが愛称って事も分からなかった。

(「フルハウス」でレベッカ・ドナルドソン・カツォポリス(日本ではコクラン)役を演じたロリー・ローリン)

レベッカと言う名前は ヘブライ語の「リベカ」が由来となっていて、旧約聖書に登場しているイサクの妻、ヤコブとエサウの母親の名前。意味は束縛する者、魅惑する者なんだそうです。

レベッカって名前は結構出てきたりするので、愛称に驚く事はもうないな~。

パトリシア

パトリシアの愛称は「パット」「パティ」「トリッシュ」「パトリス」「ティッシュ」「リッキー」

なんでパトリシアでトリッシュなの?

パトリシア=トリッシュなんて思いつきもしない!

「ティッシュ」「リッキー」なんて見る影もない!

海外ドラマ「オースティン&アリー」にアリーの親友で「トリッシュ」って言うキャラクターがいるんですけど、トリッシュってパトリシアって言うのね!トリッシュはトリッシュだと思ってた!!

ちなみにトリッシュの本名は、パトリッシャ・マリア・デ・ラ・ローサです。

トリッシュ役は、レイニー・ロドリゲス。

弟には、「モダンファミリー」マニー・デルガド役のリコ・ロドリゲスです。ちなみにリコはリチャードとリキの愛称。

ペネロペ

ペネロペの愛称は「ペニー」「ペン」

これは、ちょっと言われれば納得出来る感じです。

海外ドラマ「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」にペニーって言うキャラクターがいるんですけど、じゃあペニーはペネロペって事なのね。だからクイーンペネロペって言ってたんだ。なるほど!

(「ビッグバン★セオリー ギークなボクらの恋愛法則」でペニー役を演じているケイリー・クオコ)

ペネロペとは、ギリシア神話に登場するイタカの王、オデュッセウスの妻の名前なんだそうです。

美女として知られ貞淑の象徴と言われるんですって。

ペネロペって聞くと、どうしても青いコアラのペネロペが浮かんでしまう。

まとめ

あとは、ブリジットが「ビディ」だったり、バーバラが「バブス」だったり、アンが「ナンシー」だったりと、思いつきもしない愛称!

この愛称でクイズが作れそう。

英語圏では、愛称である短縮系も本名と同じように扱われる事があって、しかも短縮系が本名の人もいるんだとか。

「こんにちわ!リズよ。よろしく」って言われたらこの人は「エリザベス」なんだって分かるって事ですもんね。愛称は伝統的だって言うし、日常的に使うので当たり前に浸透してるんですね。

ちなみに、アメリカ第42代大統領ビル・クリントン。恐らく日本でもビル・クリントンって覚えている人も多いと思います。

本名はウィリアム・ジェファソン・クリントンなんだそう。

もう、別人じゃん!

ホワイトハウス時代の愛称は「ババ(Bubba)」だったそうです。

もう、何が何やら・・・。

でも、面白い!!

また今度男性編も書こうと思ってますが、女性ほどの衝撃はないかも知れないな~。


スポンサーリンク