海外ドラマ「ONCE UPON A TIME/ワンス・アポン・ア・タイム」のキャストが次々と降板!

スポンサーリンク

ワンス・アポン・ア・タイム

架空の町、メイン州のストーリーブルックが舞台となっており、おとぎ話に登場する人物が魔法に、運命に、呪いに、人間関係に迷いながら果敢に挑んでいく。

白雪姫やチャーミング王子、ルンペルシュテルツキン、ピーターパン、フック船長、ベル、アナ、エルサ、赤ずきんなどなどお馴染みの登場人物が登場し話題を呼んだ。

初回視聴者数は、1293万人。総合視聴者数は1171万人となり26位をマークした。

主演であるエマ・スワン役のジェニファー・モリソンがシーズン6を持って降板を発表し、衝撃を受けたファンは大勢いたと言う。主人公が降板しても、新シーズンとなるシーズン7への更新が発表された。ジェニファー・モリソンは、シーズン7に1話だけの出演をするそうだ。

エマ・スワン役のジェニファー・モリソン。

今までは、エマ、白雪姫、チャーミング王子、エマの息子ヘンリーを中心として描いた来た。

だが、ジェニファーの降板後となるシーズン7は、レジーナ・ミルズ(ラナ・パリラ)やミスター・ゴールド(ロバート・カーライル)、フック船長(コリン・オドナヒュー)、シーズン6の最後から登場し、キャスト入りしているアンドリュー・J・ウェスト(「ウォーキング・デッド」)、アリソン・フェルナンデス(「ジェーン・ザ・ヴァージン」)らがメインになっていくと言う。

ところが、今回降板するのはジェニファー・モリソンだけではなく、多くの降板が発表されファンの衝撃は続いたであろう。

今回発表された降板は以下の通り。

白雪姫

役:白雪姫・メアリー・マーガレット・ブランチャード

俳優:ジニファー・グッドウィン

HBO局の「Big Love」終了後、どの脚本を読んでも乗り気がしなかったジニファー。しかし「ワンス・アポン・ア・タイム」の脚本を読んだ瞬間「これは絶対にやらなければいけない」と思ったんだそう。

彼女は昔から「いつか白雪姫を演じたい」と強く願っており公言してきた。今までの白雪姫とは違い、強く活動的な白雪姫に視聴者は親近感を感じていたんだそう。2014年に共演してたチャーミング王子役のジョシュア・ダラスと結婚し2人の息子を授かっている。

チャーミング王子

役:プリンス・チャーミング・デヴィッド・ノーラン

俳優:ジョシュア・ダラス。

従来のプリンズ・チャーミング王子より、より現実的で人間的なキャラクターになっており、彼自信もそれがとても気に入っているんだそう。

2011年映画「マイティー・ソー」で、撮影直前に降板したスチュワート・タウンゼントの変わりにファンドラルを演じている。

2014年に共演者だった、白雪姫役ジニファー・グッドウィンと結婚し2人の息子を授かっている。ジニファーとは2回目の結婚だった。

エマの息子ヘンリー

役:ヘンリー・ミルズ

俳優:ジャレッド・S・ギルモア

双子の妹、テイラーに興味を持っていたタレント代理店の人と出会いそれがきっかけで、自分の意志とは関係なく俳優としてのキャリアがスタート。

2011年「マッドメン」のボビー・ドレイパー役を降板し、「ワンス・アポン・ア・タイム」に加わる。子役だったので一番成長し、視聴者に驚きを見せた。

ベル

役:ベル(美女と野獣)・レイシー

俳優:エミリー・デ・レイヴィン

シーズン1はリカーリングで出演。

(リカーリング出演とは? 一般的にはゲストとして登場。ストーリー展開上必要な時や演じた俳優の魅力が十分である場合に、その後のエピソードでも起用される事)

シーズン2からレギュラーに昇格。

2016年恋人で監督、脚本家のエリック・ビリッチとの間に女の子が誕生。これ以上の幸せない。娘を愛していると語っている。のちに婚約を発表。

魔女のゼリーナ役レベッカ・メイダーとは、海外ドラマ「LOST」で共演していた時に意気投合。プライベートでも仲が良い。

ゼリーナ

役:ゼリーナ・西の魔女

俳優:レベッカ・メイダー

この役で大きく変わることができたと語り、ファンに感謝の言葉を述べている。

モデルとしてキャリアをスタート。ロレヤルやコルゲートの広告に起用されていた。海外ドラマ「LOST」でシャーロット・ルイスを演じる。

ベル役のエミリー・デ・レイヴィンが女の子を出産した時には、とても喜んで祝福した。

まとめ

結局シーズン6を持って降板するのは6人になった。

この大きすぎるメイン交代が、新シーズンとなるシーズン7にどれだけの影響をもたらすかはやってみないと分からないが、製作側は自信があるようだ。昔は、脇役やメインでも主人公ではない役の降板が多かったが、近年は主役が降板する事も多くなってきたように思える。エマ役のジェニファー・モリソンは、「6年間は長すぎる。今が新しいものに挑戦するタイミング」だと強く語っていた。

なお、シーズン6のフィナーレは2017年5月14日に放送された。エマが今まで言われてきた事が覆り、衝撃の展開となっている。


スポンサーリンク