「GRIMM/グリム」シーズン5 第3話「ロストボーイズ」

スポンサーリンク

あらすじ

ピーター、ビッグ、ジョン、リリーの4人の子供たちは、施設に戻りたくないので山の中で暮らしていた。女性を連れ去っては、母親に仕立て上げ一緒にいたが、母親役の女性が逃げると次を探すという行為を繰り返していた。

ある日、女性が山道から転落し亡くなった所を通りがかり人に発見されてしまう。その女性は、2年前から行方不明になっており失踪届けも出されていたのだ。ニックたちは捜査を始める。

リリーの咳が止まらないので、ピーターとビッグは薬を探しに出かけてロザリーのスパイスショップへ入った。リリーの症状を話され聞いていると、もう1人が薬を盗もうとしているのを見つけたロザリーは、少年たちを問い詰める。ビッグはすぐに逃げられたが、ピーターを捕まえる。ピーターは、お金がないけど薬がほしいと言い、同情したロザリーは薬を渡しつつ注意した。

ニックは、今までジュリエットと暮らしていた思い出のある家を売り引っ越しをする。引っ越した先は、およそ住宅とは言い難い所だがセキュリティは万全だ。アナリンドは、今までいた家よりもずっと安全だといいながらも不安でいっぱいだった。

そんな中、リリーが薬をくれたお礼にスパイスショップへ。ロザリーと話をしていると、ピーターたちに連れ去られてしまう。次の母親候補はロザリーだったのだ。

脚本

ショーン・カルダー

監督 アーロン・リップスタッド

ニック

あの家、とうとう売っちゃいましたね。

確かに、あの家は色々な事が多すぎて辛いですもんね。でも、買った人は知らないんだよね。あの家で何があったか・・・。それを思うとちょっと複雑な気もしますが、売ったのは良かったかもしれない。家に帰るたび、寝室へ入るたびに色々思い出してしまうのは、精神的に立ち直るのも大変ですもんね。出来れば、早く立ち直ってほしいけど、ちょっとありすぎたからな~。

なんだか、なんだかですね、みんなアナリンドが悪い!!アナリンドが悪いんですけど、今のアナリンドはとてもいい人なので、ニックの対応がちょっと冷たい感じがするのが可哀想に見えるんですよね。ニックも十分複雑だし、アナリンドのせいでこうなってしまって、挙句の果てに子供まで出来てしまってホントになんといっていいやらなんですけどね。う~ん。難しいな~。

いっその事、アナリンドがアナリンドのままなら「よし!ニック!子供を連れて出て行ったしまうんだ!!もう会わせてはならない!」って思うんですけどね~。ニックも今までのアナリンドじゃなくて、相当戸惑ってますもんね。息子の母親でもあるし、そりゃ~戸惑うって。あのアナリンドだもん!

ヘクセンビーストってすごいのね。力が抑制されただけで、あんなに人が変わるんだもん。ビフォア・アフターがすごすぎる!そりゃ~、ジュリエットも変わるわなって改めて思ってしまいました。

それにしても、ニックもアナリンドも若かった!あれ1話でしたよね。お互い初だったなんてなんて因縁が繋がっているんだ。

ロザリーと子供たち

ロザリーは、今回すごく複雑な展開になってしまいましたね。子供たちを本当に助けてあげたかったと思う。ピーターたちが、自分をヴェッセンだと知らず、どんな世界でどんな存在なのかも知らずに育ってしまった事が辛かったです。だって、それを知っていて教えてくれる親や大人と会わずに育ったって事ですもんね。グリムの存在すら知らなかった。教えてくれる人がいなければ、学ぶことも、知るすべもないんだなって改めて思いました。昔、「初めてヴォーガが出来るようになる年齢には個人差がある」って言ってたので、この子供たちのヴォーガは早い方だったんでしょうね。

リリーが、ロザリーに2度と会いたくないって怒っていたし、ピーターたちもスカウトされてしまったのでまた会うんでしょうね。その時ロザリーは、もっと力になってあげればよかったと後悔するんでしょうか?もし再び会う事になるのであれば、ピーターたちは利用されてしまっているって事でしょ?

あああ!イヤだなぁぁぁぁ!!

そんな展開にならないといい。でもどの道スカウトされた時点で、自分たちがどういう存在なのかは分かっても、決して幸せにはなれないかな・・・。

利用されて、居場所が出来た事を幸せだと思ってしまうんだろうか。

そして!ロザリーがいなくなった時、モンローが一生懸命探しててホント!この夫婦大好き!毎回書く事になるかもしれないけど、それでも書いちゃう!この夫婦大好きだぁぁぁぁ!!お互いがお互いを支えて、大事にしてる感じが素敵だぁぁぁ!!

トラブル

閉じ込められていたのは、トラブルでしたね。叫び声がヴォーガしたべッセンの様に聞こえたので、てっきりジュリエットかと思ってしまってました。ヴォーガしたヴェッセンの声に聞こえるなんて、トラブルはよっぽどの事をされていたのかもしれない。あざだらけだったけど意外とすっと立ったので、やられていたのではなく何かの稽古だったのかもしれないですね。何が起こるんだろう・・・。全く分からん。

トラブルっててっきり降板したんだと思ってたんですけど、準レギュラーからリカーリング出演になったのかも知れませんね。それとも準レギュラーのままかな?

ちなみに、リカーリング出演とは、一般的にはゲストとして登場してストーリーの展開上に必要な時や、演じた俳優が良かった場合その後のエピソードでも起用されること。そのキャラがレギュラー化する場合もありますが、都合によりレギュラーからリカーリング出演にもなります。

トラブルが、ガンガンアクションをしていく予感がする。

レナード警部

なんだか、シーズン5に入ってからレナード警部がパッっとしない感じがするんですが・・・。まぁ、まだ3話目だし、ニックに色々あったし、子供も産まれたのでそこまで手が回らないのかもしれませんね。ダイアナって、どうしてもレナード警部の娘っていう繋がりが薄い感じがしてしまう。アナリンドの娘って言う認識が強いからかもしれない。今回レナード警部が、「俺の娘は」みたいな事を言ったんですけど、一瞬だけ「え?警部の娘?」って思ってしまいました。すぐ思い出しましたけどね。そのセリフを言う前にダイアナって言っていたような気もするんですけど、どうも「ん?」ってなってしまった。

まとめ

新しい家で、ニックとアナリンドはどうなっていくんでしょうか?あの家、ちょっと落ち着かない気がしません?まぁ、2人ともどうにもなっていかないと思うんですけど、アナリンドはこのままがいいな~。

これからどんどん周りの過酷さが増して行きそうなので、ケリーの親としてせめてお互い普通に接する事が出来るくらいまでにはなってほしいです。アナリンドが元に戻ったら、そんな事は言ってられないけど。

次回も楽しみです!


スポンサーリンク