「GRIMM/グリム」シーズン5 第4話「乙女の祈り」

スポンサーリンク

あらすじ

貿易商のトロイヤーは、娘エミリーの婿を決めるために3人の若者を呼び出す。ミッションを出し、それに成功した者だけがエミリーにふさわしい夫になる事が出来るのだ。その風習は、古くからの伝統として受け継がれており「マハツ・ズークトート」と呼ばれていた。ミッションへの挑戦者は、最も長い金の羽をひいた者から行われる。最初の挑戦者はアイザックだった。

「マハツ・ズークトート」のミッションは、フランキーの首を持ちかえれと言う物。トロイヤーは、過去に息子を亡きものとされていたのだ。

一方その頃、アナリンドとニックは話をしながら食事をしていた。お互いの親の話をして、それからアナリンドは職場復帰の話をしたが、ニックにはまだ早すぎると言われてしまう。

ゲスト

マデリーン・ジーマ「カリフォルニケーション」

脚本 ブレンナ・カウフ

監督 ハネル・カルペッパー

ニック

ニックが、だんだん父親になっていっている気がします。これ、ちょっとどうなるんでしょうね。今、アナリンドはヘクセンビーストの力を抑えているのでとても人間らしくていい感じですけど、このままでも、このままじゃなくても、一生ニックと暮らす訳ではないでしょう?結婚すれば別だけど、「GRIMM/グリム」に限ってそれはないと思うんですよ。降板話がなかったので、この先きっとジュリエットだって出てくる訳だし。ジュリエットが元に戻せなければ、可能性はあるかもしれませんが。何にしろ、アナリンドはニックに依存するつもりもないし、職場復帰も考えている。新しい家を出る時には、当然ケリーも一緒だと思ってると思うんですよね。でも、このままニックがケリーへの愛情を深めてしまったら、自分が育てるって言いだすかもな~。ってちょっと思ってしまいました。

でもね、シーズン6で「GRIMM/グリム」はファイナルシーズンなので、そこまで描く事は出来ないかな?とも思うんです。なんだかんだ沢山ありそうだし。アナリンドとケリーは近くに住んで、ニックは行き来しながらやっていくんでしょう。きっと!

実際ね、こんなにニックとアナリンドが似合うなんて思ってなかったので、良好のままがいいです!新米両親っぷりも可愛いし。

シーズン5は、ニックがもっと暴走していくと思ってたんですよね。でも、そうでもない。まだ4話だし、これからかな?

アナリンド

携帯は、小学校2年生になるまでダメっていうのに笑ってしまった。なぜ2年生なんだろう。なんか可愛いな~。

アナリンドは、もっとニックと仲良くなりたいんじゃないかと思う。このまま遠慮し続けたままなら、ある日出て行ってしまうんじゃないか?って思えてなりません。今の所ケリーは小さいし、手も借りたいだろうから出て行くって言う事はないかもしれないけど、もしニック以外の誰かの手を借りる事が出来たら行ってしまいそう。言いたい事を極力我慢して、耐えていそうな感じもする。ニックが壁を作ってるから行きにくいのは確かにある。色々あったしね。そう易々と出来るもんじゃないのも分かってる。こんな結果になるなんて、お互い思ってもいなかっただろうし。ここの所は難しいな~。

「初めての子育て」って言ってたのが切なかったです。ダイアナがいるのにね。ダイアナが現れたら、ケリー連れてダイアナ側についちゃうのかな?みんなで暮らしたいって言ってたし、何かのフラグかも知れない。

それにしても、アナリンドの格好はファンサービス??

似合ってたけど、ニックの趣味かな?ははは。

アナリンドは、そう言うのに慣れてるだろうからクールなものだったけど。

トラブル

あれは、罠か?罠なのか???

なんで捕まってたトラブルが、ニックたちの家を知ってるんだよ?偶然を装うにもほどがないかい?と思ってしまう。ロザリーたちしか知らないでしょ?もしウソをついて「ロザリーから聞いた」とか言っても、そんなものはすぐバレるから言わないだろうし、突き止めたと言ったってあんなに注意を払った場所を早々に見つけられるはずもないし、後をつけたと言ったところで、あんな怪我してたら無理がある。

う~ん。分からん・・・。

どうなんだろう。やっぱり罠なのかな?それとも、あそこから出て何かがあって怪我をして、偶然たどり着いたとかムリくりの設定なんだろうか?う~ん。分からん・・・。

トラブルが戻って来て、複雑なのは初めてかも知れない。素直に喜びたかったな~。「トラブルが帰ってきたっっ~!!」って言いたかったな~。

ウー

フランキーが、みた者に怯えて訴える様をみるウーはどんな気持だったんだろう。まさか、本当の事が言えるはずもなく、行ったところで信じてもらえない。本当は、「お前の見た者は幻なんかじゃない」って言ってあげたかったかも。ハンクも、ウーの時そう思ってたから今度はウーが思ったかも知れない。教えてあげられない歯がゆさを感じたかも。

エミリー

古い風習には、良い物も悪い物もあると思うんです。エミリーの場合「マハツ・ズークトート」を嫌がっていたので、色々辛かったんじゃないかと思います。どうしてもやらなきゃいけなかったのかな?父親の気持ちも分かるけど、もしエミリーの願いを叶えて中止していたら、こんな悲劇は起きなかったのに。それを思うといたたまれないです。

ロザリーとモンロー

アナリンドとケリーのために色々用意するなんて、ロザリーは優しいな~。あの大きなバスケットに何が入っているのか気になる!漢方的なものでしょう多分。赤ちゃんに飲ませるのも一苦労だけど、もしどこか痛かったら大変だもんね!向こうの人は、早々に病院に連れて行ったりしないからな~。

赤ちゃんは泣くのが仕事と言われているけど、どうしても泣きやまない時は本気で心配になるもの。アナリンドが電話した時「なんでロザリー?」って思ったけど、痛みを疑ったのならそれは良い判断だと思いました。

今回も仲の良いロザリーとモンロー。素敵すぎるっっ!大好きだぁぁぁ!!

まとめ

とても気になる感じで終わってしまった。

なかなかトラブルが出てこないので、もう今回は出てこなくて次回やるのかな?って思ってたんですよね~。

それと、レナード警部がやっぱり今シーズン薄い気がする。アナリンドや王家がらみが多かったから濃く見えていたのかな?シーズン4では、結構エピソードがあったと思うんですけどね。出馬する友人に会っていたので、どうにかなっていくのかも知れない。

それにしても、グリムって昔は次回予告をやっていたのになぜやらなくなっちゃったんだろう?尺の問題かな?

次回も楽しみです!


スポンサーリンク