海外ドラマ「ブラックリスト」で、あの俳優の続投はなしに!

スポンサーリンク

ブラックリスト

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

「ブラックリスト」(原題:The Blacklist)は、2013年9月より放送がスタートし、レイモンド・レディントン役の名優ジェームズ・スペイダーが主演する事もあり、かなりの話題を集めたアクション・サスペンスである。現在日本では、シーズン4の放送が終了。シーズン5の制作も決まっている。

今回、シーズン5への続投が決まらなかったのは、ジュリアン・ゲール捜査官役のエンリケ・ムルシアーノ。役どころは、ドナルド・レスラー捜査官の古い友人で昔、レディントンを追っていた人物。レディントンが、FBIに出頭したため何の理由も分からず捜査が出来なくなった。ジュリアンは、レディントンを必死で捕まえようと奮闘していたのにいきなりの出来ごとに絶望を覚える。時は過ぎ、突然86の遺体があると通報され、それを捜査するためにジュリアン・ゲールが登場しレスラー捜査官と共に捜査にあたる。昔の不完全燃焼だった捜査が悔しく、相当しつこい役どころで、レディントンやチームに迫ってくるジュリアンにイラつくファンも多かったとか。それだけ、素晴らしい演技をしていた事になる。

ジュリアン・ゲール捜査官が登場したのは、シーズン4の後半なのだが、その時は「レギュラー入りするのではないか?」と囁かれていた。演技は好評だったが、クリアイターのジョン・ボーケンキャンプから、シーズン5の出演はないと言われたようだ。話の内容的に、ジュリアンがそのままいてもおかしくない形でシーズン4が終了している。ジュリアン役のエンリケ・ムルシアーノ自体の契約では、シーズン5でレギュラー入りをする選択肢もあっただけに寝耳に水だったかもしれない。

ブラックリストのスピンオフ作品「The Blacklist:Redemption」が期待されていたのだが、思ったより視聴率を稼げずシーズン1で打ち切りになってしまった。今回のエンリケに起きた出来事は、スピンオフの主演をし「ブラックリスト」にもレギュラーとして出演していた、トム・キーン役のライアン・エッゴールドを「ブラックリスト」に戻すためだはないかと推測されている。

エンリケ・ムルシアーノ

エンリケ・ムルシアーノ

(Enripue Ricardo Murciano)

1973年7月9日生まれ。

フロリダ州マイアミ出身。

両親はキューバから亡命し苦労をしたが、その後エンリケが誕生した。

現在43歳。もうすぐ44歳になる。

プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーに気にいられ、2002年に海外ドラマ「Without a Trace/FBI失踪者を追え」のダニー・テイラー捜査官役に決まり名を知られるようになる。他にも「CSI:科学捜査班」では、シーズン10で1話だけゲスト出演のはずだった。しかし、サム・ベガの義理の息子であり、スペイン語が堪能な刑事カルロス・モレノ役が大好評となり、再び数エピソード出演することになった。2005年サンドラ・ブロック主演の映画「デンジャラス・ビューティー2」にジェフ・フォアマン役で出演している。また、1997年の映画「スピード2」にも出演しているため、サンドラ・ブロックとは2度目の共演となった。

俳優になりたい夢はあったが、テュレーン大学とボストン法科校で学ぶ事に。しかし、夢を捨て切れず卒業後ロサンゼルスへ移り、演劇塾で本格的に演技を学ぶ。

料理をする事が大好きで、かなりの腕前だとか。車とバイクも大好きで情熱を注いでいる。

放送日

「ブラックリスト」シーズン5

米NBCにて10月4日(水)プレミア放送を予定している。

「ブラックリスト」シーズン4

スーパードラマTVにて、7月8日(土)14:00より18話から22話(最終回)までのキャッチアップ放送が決定している。


スポンサーリンク