「シカゴ・ファイア」シーズン3 第8話「悲しみの渦」

スポンサーリンク

あらすじ

人口の多い地区で、ヘリコプターの墜落事故が起こった。あたりは、散乱した瓦礫や機体の破片などが飛び散り怪我をしている人も多く出ている。現場に駆け付けた51分署のメンバーは、急いで救助にあたった。

セブライド率いるレスキュー第3小隊は、ヘリコプターが墜落したビルの屋上へと急ぐ。機体の半分は屋上内、もう半分ははみ出しており今にも落下する恐れがあるほど不安定である。その不安定なヘリコプターの中には、パイロットが1人、乗客が2人の計3名が同乗。パイロットが、なんとか脱出しようと機内からドアを押すが、セブライドは危険な行為だと彼を止める。一刻を争う緊迫な状況だった。

ビルの近くでは、続々とけが人の手当てをしている救命士や、救助にあたる消防士たちが慌ただしく動いている。そんな中、セブライドの妻ブリタニーが現場へやって来て夫に合わせて欲しいと大隊長に頼む。だが、今はそんな要望を聞ける状況じゃない。大隊長は、ブリタニーを規制線の外へと誘導しセブライドに仕事をさせてほしいと言うのだった。

離れた場所に、落下したローターの下敷きになってしまった女性を発見したハーマンとオーチス。救助を試みるもローターが重すぎてびくともしない。そこで分解して救助することに決め、オーチスは道具を取りに走った。

ヘリの後部が車に落下し、車内で大怪我追っている男性を発見したミルズとシルビー。腹部が大量に出血しているのを処置しようとするシルビーだったが、負傷した彼の鞄の中に不審な物が入っているのを発見してしまう。戸惑いを脱ぎ捨て処置をするシルビー。現場は、救急隊員も足りない状態なので、ミルズは他の人を助けるためにその場を離れてしまう。シルビーと不審な男性2人きりになってしまった。

タイトル

日本タイトル 「悲しみの渦」

原題タイトル 「CHOPPER」

シリーズ通算第54話目。

セブライドとブリタニー

今回、初めてのケンカをしていましたね。どうなんでしょうねこの2人。ブリタニーは、妹を亡くしてから立ち直れずあんな行動を取ってしまった。それは、分かるんです。もう大切な人を亡くしたくない思いが強くて、いてもたってもいられなかったっていう事も。セブライドはレスキュー隊なので、失う可能性は十分高いですもんね。でも、そこを乗り切らなければセブライドと一緒にいても辛いはず。

今は良くても、いつかセブライドにも負担がかかって来ます。一緒にいる時だけ安心できるのは、一時的安心に過ぎません。離れていると不安になってしまうようならばセラピーを受けて、セブライドの仕事も徐々に受け止めて行かなければ破局はもうすぐそこです。セブライドだって、精神的に健全な状態ではないので下手をすると2人も共倒れになりそうで怖いです。2人で肌を寄せ合って、一時的安心を得るなんておかしいですよね。長く結婚生活を送ろうと思うならば、これで良い訳がありません。でも、お互い意見が一致しているのでそれにも気づけない。今は、周りが言っても耳を貸さない状況。悪循環だな~と思いました。いつまで続きますかね。シーズン3の終わりまで持つんでしょうか?

それにしても、セブライドってそんなに空気が読めない人なの?ケイシーとガブリエラの家に居候してるんだから、もう少し配慮するか、新しい家を探すとかしないんでしょうか?それとも家から出るのが怖いかな?

相変わらず、仕事っぷりは素晴らしかったですけどね。

ケイシーとガブリエラ

もう、なんかこの2人可哀想だった!!2人でソファーに座って気まずくしているシーンは何回目だろう。でもね、ケイシーがセブライドに言えない気持も分かるし、ガブリエラが出て行ってほしい気持ちも分かる。セブライドかブリタニーが配慮出来ていれば、もう少し違ったと思うんですよね。少なくとも気まずくはならなかった!このままだと、最悪な形で追い出さなくてはいけなくなりそうなので、その前になんとかするのかな?それとも、セブライドが自ら出て行くのかな?

ガブリエラ

今回の救助で、ガブリエラは頑張りました!あんな黒い煙が立ち込める中で、自分のマスクを女性に貸して助けるなんて!!すごい咳をしながら建物から出てきましたけれども、素人目からみてもあのすごい煙を吸ってしまうのは、水だけ飲むのではダメなんじゃ?ケイシーの言う事を聞いて、処置してもらう事になりましたけれども出来るならその処置も観たかった!どんな処置をするんでしょうね。吸入かな?

ガブリエラは消防士になったんですが、時々救命士っぽいシーンがあるのはなぜなんでしょうか?今回もありましたね。ドローンを飛ばした少年のシーンです。どうしても消防士の格好をした救命士に見えてしまう!そこでまた、なんで消防士なの?救命士が良い!と思ってしまう。もういい加減慣れないとね。いけませんね。

ハーマン

ハーマンカッコよかったぁぁぁ!

素敵だったぁぁぁ!!

ローターの下敷きになった女性を励ます感じとか、大隊長にアドバイスする感じとか、みんな良かったです!これよ!これ!最近ガブリエラに関する出来事が多かったですけれども、ハーマンはこういうのがいい!決して、ガブリエラを鍛えている彼も嫌いじゃなかったですよ。もちろん好きでした。でも!こういうハーマンがもっとみたい!久々にテンションが上がりました!

シルビー

あの便利屋さん。何者なのでしょうか?便利屋って、あのバックに入っていた物を使う様な仕事もするの?探偵の方がしっくり来る気もするんですが、きっと普通の便利屋とは違うんでしょうね。車で付いてきた時めちゃくちゃ怖かった!シルビーにわざわざ名刺を渡したので、きっと今後も出てくるでしょう。多分忘れたころに。

それにしても、なんでクルースの事をケイシーに話しちゃったんでしょう。しかもケイシーから始まって、51分署内まで広まる。みんな噂好きなのね~。シルビー、そんなにクルースと付き合ってるっていう噂がイヤだったのかな?広めてしまったって事は、料理の話はチャラかな?それとも、みんなに知られて、開き直って「それはそれ、これはこれ」みたいな感じでいくんでしょうかね?

大隊長

現場をすばやく適切に取り仕切る!いつもカッコイイ大隊長も、産まれてくる子供に対してはまだ新米パパ。ハーマンのアドバイスを受けてドナを励ますシーンには涙が出ました。大隊長も不安で仕方がないだろうに、ドナを励ました言葉は自分を励ます意味もあったんじゃないかと思います。ドナは、大隊長に支えてもらえて嬉しかったと思う!じゃあ、大隊長は、毎回ハーマン先輩に励ましてもらうと良いですね!

息子か~!無事に産まれて来てくれる事を願うしかありません!高齢出産になるんだろうから、障害とかの可能性も出て来てしまうのかな?

ここで、ドナの「前置胎盤」ってなに?と思った方もいらっしゃると思ったので簡単に説明しますね。

「前置胎盤」とは?

胎盤とはぷよぷよした円形の塊で、お腹の赤ちゃんがすくすく元気に育つための栄養や酸素などを送り込む重要な役割を果たします。胎盤と言うのは、普通子宮の天井部分にあるものなのですが、この胎盤が天井部分ではなく子宮口を塞ぐように下に出来てしまう事を「前置胎盤」と言います。

「前置胎盤」は、出血を起こしやすくなりますし、子宮が収縮すると胎盤と子宮壁にずれが起きて大出血を起こす危険性もあるで安静が第一。分娩時に大量出血し、母親に命の危険が及ぶ可能性が高いので病院によっては、出産に備えて事前に自分の血液を輸血用にストックする「自己貯血」を行う事も。子宮口が胎盤で塞がれているため、赤ちゃんは産道を通って外に出られません。なので帝王切開で子供を産みます。

こんな感じです。分かりづらかったらスミマセン。

でも、リスクが高いと言うのは分かって頂けたと思います。

ドナ!ゆっくり休んで備えてね!!

ズンバ!!

今回も出てきましたズンバ!!話をまたいでくれるとは思っていなかったので嬉しかったです!!クルース光ってる!!もっと踊ってくれ~!!一緒に踊りたいなぁぁぁ!!

それぞれが、それぞれのキャラクターに基づいて踊っていたので「役者さんってすごいな~」って思いながら観てました!ミルズの踊り方もなかなか不慣れな感じで良かったです!!ミルズってこういったものに縁がなさそうですしね。51分署のベストズンバ賞は、マウチに決まりだな!そのうち、プラットとも来たりしたら面白い!クルースは、やりにくいと思うけど。

たまにズンバが出てくると良いな~!

まとめ

今回は、ヘリコプターが落ちるんじゃないかとヒヤヒヤしました~!思わず「ああ!落ちるっっ!」って言ってしまいましたよ。紐が切れないで本当に良かったです!結構大がかりだった印象がありましたね。

あのドローンを飛ばした少年らはどうなるんでしょうか?そこまでやるかな?ローターの下敷きなった女性が無事で良かったです!そして、みんなカッコよかった!消防士も救命士もみんな!素晴らしい!!

さて次回は、トレーラートラックの事故で閉鎖する大変な出来事が起こるようです。ミルズに何かありそうな感じでしたね。ブリタニーの過去についても語られるようなので、それを知ったセブライドはどうなるんでしょうか?

次回も楽しみです!


スポンサーリンク