「GRIMM/グリム」シーズン5 第9話「古代の儀式」

スポンサーリンク

あらすじ

記録的な日照りが続くある日、納屋で木材で作った十字架の様なものに磔(はりつけ)になっている遺体が発見された。それには、腹部に刺し傷があり地面には被害者の血液で円状の印の様なものが。土台となる十字架には、逆三角形の模様が描かれている。これにどんな意味があるのだろう?ニックとハンクは捜査を開始した。

署に帰りハンクが調べてみるとはじまりは、紀元前495年にギリシャ哲学や医学で使われ水を表しているという。18世紀にはウィッカの儀式で伝播し、魔術結社である「黄金の夜明け」は元素と精霊を結び付ける。そして、水は五芒星の右上の角だ。と説明。被害者に関係がある場所や人物を探そうとする矢先、同様の事件が起こった。今度の印は、3つのうずまきが花のようになっている。この印は、トリスケルと言うケルトのシンボルだと言う事が分かる。地と空気と水の三位一体を表しているもので、大昔に使われていた物だった。また、印は異なるが逆三角のトリスケルを表すのも水であると分かったニックたちは、スパイスショップへ急ぐ。

今回の印をモンローとロザリーに見せた所、十字架と印はフルクレイが雨ごいに使った道具だった事を説明される。フルクレイは見た目が雄牛みたいなヴェッセンで、ケアザイタ狩りから農耕生活に移ったらしい。補足するようにロザリーは、作物のため雨を呼ぶ儀式をする。今みたいな日照りに有効だと言った。しかし、これはあくまでも古代で儀式は500年ほど前に途絶えているらしい。

ゲスト

ウェイド・ウイリアムズ「プリズン・ブレイク」

脚本 ショーン・カルダー

監督 カルロス・アヴィラ

日本タイトル 「古代の儀式」

原題タイトル 「Star-Crossed」

シリーズ通算97話目。

イヴ

なんでしょう!あの魔法は!怖い!怖すぎる・・・。

何の感情も示さずやってしまう所もまた怖すぎました・・・。

イヴがやっていることを驚きもしないマイズナー。情報を引き出すためとはいえ、慣れているんでしょうね。当たり前の出来事の様にしていたのもちょっと怖かったです。

ヘクセンビーストの力ってすごいですね。あんな事も出来ちゃうんだ!とすごく驚きました!アナリンドも出来るって事なのかな?それとも、強大な力を持っているイヴだからこそ出来るのかな?アナリンドって、薬とか何かの呪文を使って何かをしているイメージが強かったので力の差があるのかもしれません。

今回気になったのが、赤いかつら。なんで今回は赤いんでしょうか?どうしても何かひっかかるんですよね。かつらを変えるのに意味があるような気がするんですよ。服はいつも黒いから、せめて髪の色だけ変えてオシャレに♪という感じにはどうしても見えないんです。考えすぎなんでしょうけどね。イヴが目立つように、本当にただの見栄えだけかもしれませんし。でも、ひっかかります。

ニック

なんだか、ニックの存在が薄くなってきている様な気がするのは気のせいでしょうか?捜査官として捜査してるんですけどね。出るシーンだって多いはずなんですが、他のキャラクターの印象が強すぎてあまり目立って無い気がするんです。シーズン5は、色んな事が分散されすぎている様な気がするのでそのせいかもしれません。ケリーともっと接していれば、そういう印象が残るんですけどね。最近だっこしているのとか映ってませんね。アナリンドとケリーの世話を交代するとか交代したとか、セリフでは言ってるんですけね。もったいない感があります。

ニックといい、トラブルといい、グリムの存在はとても重要なので色々ガンガンやってほしい!!みせてほしい!君たちはグリムだ!グリムなんだぁぁぁ!!と言いたくなってしまいました。

モンロー

ロザリーが、アラビア語を訳した時のモンローの「ますます君をすきになって尊敬した~」感がすごくて、思わす癒されました!ロザリーの反応も可愛かったです!

ロザリーにトニーから電話がかかってきた時も、夫としてビシッ!と言っていたし。途中で切られちゃしましたけど、いいですね~。モンローは。「グリム」の内容自体殺伐としているので、こういうのが本当に嬉しい!!

それから集会に潜入していた時、会場の外でホロウェイを助けたのも何ともモンローらしくて良かったです!あそこで見て見ぬふりをしたり隠れたりするのはモンローじゃない!さすがはモンローですね!!

ホロウェイの息子、ジョナサンもどうなるんでしょうか?今後出てきたりするんでしょうか。捨て駒にされなければいいですね。

ロザリー

手紙や電話をよこしているトニーは、物語にどうやって関わってくるんでしょうか?この流れだと、決して良い様な食い込み方をしてくるようには思えないんですが、ロザリーは巻き込まれていってしまうんでしょうか?

まとめ

イヴのおかげで「ルシアン・ペドロヴィッチ」という名前が分かりました。マイズナーも知っている様子だったので、その道の人には有名な人物なのかもしれません。どうからんでくるんでしょうか?

それから、アナリンドの「自宅学習」って言った所がすごく可愛かったです!アナリンドがケリーを大事に大切そうに抱っこする姿も好きです!やっと手にできた我が子を愛する感じがとても出ている感じですね。

最後の磔(はりつけ)が阻止出来たものの、犯人の血液が地面に染みてしまい最後の儀式が終わってしまいました!せっかく阻止出来たのに意味がなかったです!血液なら誰のでもよかったんですね、あれ。じゃあ、あそこで雨が降って来たって事は、迷信じゃなかったって事ですよね?びっくりしました!それにしても、ニックとハンクのやりとりの時、画面が暗過ぎてもう少し明るくても良いんじゃないかと思いました。演出の1つなのは分かるんですけど、ハンクの「信じられない!」って感じの表情がもったいなかった気がしました。

レナード警部、最近あまり目立ちませんけどそういう方向に目立つのが良かったのではなく、別の方向が良かったです。あの女の人とどうこうなるだろうとは思ってましたけど、思ったより早かったので「さすが警部!仕事が早い!」ちょっと笑えてしまいました。

次回も楽しみです!


スポンサーリンク