「シカゴ・ファイア」シーズン3 第10話「クリスマスの贈り物」

スポンサーリンク

あらすじ

ミルズが51分署の前で、あのルロが現れ謝罪をしてきた。ミルズは、ルロの息子ジェイソンが最後に言っていた言葉を伝える。一見、終息をみせたかのようだった。

住宅で火災が発生し、現場へと駆け付ける51分署のメンバーたち。火災現場の上階では男性が助けを求めていた。セブライドは男性を救助するため、はしごの先端に座り込みはしごが到達するのを待つ。ところが、その男性はあろうことかはしごが着く前にセブライドめがけてダイブしてきたのだ。そのせいでセブライドは落ちそうになってしまう。よくよく話を聞くと妻がバスルームにいる事が分かり救出に向かう。

オルロフスキー牧師が51分署へ寄付集めにやってきた。どうやら炊き出し所のオーブンが故障したらしい。ハーマンのブーツが募金ボックス代わりになり、仲間に寄付を呼び掛けるがなかなか集まりそうになかった。

とうとう、モリーズ2号店がデビュー出来るイベントがやってきた。そのイベントとは「ホリデーフェスティバル」。当日に出す料理をシルビーが作り、準備万端で挑んだ。会場にはテレビ局のレポーターが待機しておりハーマンは、モリーズ2号店とモリーズの宣伝になればとそのレポーターに話しかける。取り上げてもらえたハーマンだったが、インタビューに緊張し棒読みもいいところ。その最中に止めてあったはずのモリーズ2号店が勝手に前進をはじめ、他のブースに突っ込んでしまうという大ハプニングを起こしてしまったのだ。

転落事故だと通報を受け現場へ向かうミルズとシルビー。到着するとホームレスの男性がトラックに足をひかれ悲惨な状態になっていた。するとそこへ1台の車が現れて・・・。

タイトル

日本タイトル 「クリスマスの贈り物」

原題タイトル 「Santa Bites」

シリーズ通算第56話目。

ケイシー

正直に書こうかどうか迷ったんですけど書く事にしました。ケイシーのファンの方ごめんなさい。

ケイシーは配慮がちょっと足りないと思いました。ガブリエラは、新人でしかも、もと救命士。みんながガブリエラを知っているし、同等にすごしていたのにいきなりみんなが上司になり複雑な立場に。

新人って、初めての事ばかりで手いっぱいだと思いませんか?それなのに、プライベートで優しくするのではなく、自分もこの関係に手がいっぱいに。「そもそも全てに無理があったんだよ。小隊長であると同時に婚約者であろうとしてるのに、君はどっちも尊重出来ない」ってよく言えたものだなと思いました。正直ガッカリです。ケイシーだって出来てないじゃん!って思いました。ケイシーってこういうキャラだった??

確かに、職場恋愛は難しいと思いますよ。思いますけど、上司と部下の関係でも上手く隠して結婚してる人もいますよ。じゃあなぜ出来ないか?それはお互いの性格だと思うんですよね。立場上、余裕があるのはケイシー。だったら、ちゃんと支えてあげるべきだったのでは?

シーズン1の事をちょっと忘れかけているんですけど、新人だったミルズを支えてませんでしたっけ?変に意識するからおかしくなってしまうのであって、ガブリエラにもみんなと同じ様にしていればよかったのに。ケイシーが、特別扱いみたいな事をちょこちょこしてしまうのは、もうそれだけでガブリエラの株は下がっていくと思いませんか?ガブリエラを尊重していなくないですか?

ガブリエラは、自分の能力向上のためとケイシーの株を下げまいとハーマンに教えてもらう事を選びました。これはケイシーを尊重している事にはなりませんか?ガブリエラの事をちゃんと見てる?

セブライドと飲みにいって、女性と何かあったかも知れないからあわててガブリエルの事を許したケイシー。でも、何もなかった事を知り手のひらを返して、ガブリエラとミルズの事を許してないと怒りました。もう!なんなの?どうしちゃったの?ケイシーの事は嫌いじゃないけど、これはどうかな~??って思いました。

シーズンの早いうちに付き合ってしまうと、シーズンを重ねるごとに不仲になったり別れてしまうのがパターンとしてありますけど、ケンカしたっていいんですよもちろん。でも、シカゴ・ファイアにこのエピソードはいるんでしょうか?それとも、クロスオーバーの前降りなのかな?それを期に仲良くなるか、別れるのとかあるのかな~?

ガブリエラ

これも、書こうかどうか迷いました。ガブリエラのファンの方ごめんなさい。

ガブリエラは、ズバズバものを言い過ぎだと思います。言わなくていい事まで行ってしまう。それが、ガブリエラらしいと言えばらしいんですが、恋人でも夫婦でも親子でも友達でもそうですけど、近ければ近いほど甘えがでて、自分は他の人と違うからこれをやっても分かってくれるとか思いがちなんですけど、実際にはそうじゃない。「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、甘えてなんでもかんでもぶつけたり約束やルールを破ってしまってはすぐ壊れてしまうし限度があります。分かってほしいのなら、やり方を変えなければ伝わりません。言わない勇気も必要だと思いました。

ガブリエラも、分かりやすくケイシーを尊重するべきだったのでは?そうじゃないと、きっと気づいてくれない。前回の危険区域への立ち入りもするべきじゃなかった。危険区域へ立ち入った時は怒られたけど、そうじゃない時ケイシーは「よくやったドーソン」ってホメてくれてない?それにちゃんと気が付くべきだと思いました。

ケイシーとガブリエラは、お互いがお互いを尊重してほしいタイプなんでしょう。キャラクター的に難しそうですね。頑固者同志ですしね。この2人続くのかな~?もう、ケイシーとガブリエラの事はどうでもいいよって思う前に何とかならないかな~?

大隊長

赤ちゃんが産まれましたっっっ!!

素晴らしい!!おめでとうっっっ!!

って思ったのもつかの間、赤ちゃんの容体が急変。大変な事になってしまいました。陣痛が始まった時、ミルズもシルビーもガブリエラもいないし、おまけに渋滞なんて!!なんてバッドタイミングだったんでしょう!!赤ちゃん大丈夫でしょうか?

それにしても大隊長。伝統へのこだわりがすごすぎませんか?自分の子供なんだからいいと思うんですけど。ちょっと真っ直ぐすぎて笑ってしまいました。

ミルズとシルビー

ミルズは優しい!でも、いともあっさりルロを信じて良かったんでしょうか?出勤したあの後、ハルステッドに「さっきルロが会いに来た」と報告したりもっと警戒すべきだったのでは?

2人共どこにいっちゃったんでしょう!無事でいて欲しい!心配です!こんな時にまさかのシステムトラブル!!みんな気が付くのが遅いかったよぉぉぉ!!早くても結果は同じだったかも知れませんけどね。ああ!2人とも早く帰って来てっっっ!!

まとめ

モリーズ2号開店ならず!残念でした!

あのサイドブレーキ怖すぎませんか?トレーラートラックの仕組みをよく知らないんですが、あんなに簡単に解除出来るものなんでしょうか?普通の車と違うんですね。あきらかに位置が違いましたもん。許可の検査で指摘されないんですかね?

何にせよ、人助けになったので良しとしましょう!何度もブレーキの事を気を付けてって言ってたのがおかしかったです。

シルビーとクルースが、みんなにモリーズ2号店に出す料理を出してる時のアイコンタクトがカワイイ~!!もうちょっと2人のシーンとかあるかな~?って楽しみにしてたんですけどまさかの展開だったので、次回クルースはいてもたってもいられないかもしれません!!

さて次は、ミルズとシルビーを助けるべく捜査が開始します。ミルズがシルビーにプレゼントした何かが役に立ったりするんでしょうか?そして、シカゴ警察と51分署のメンバーは、2人を無事に救出できるのか?

次回も楽しみです!


スポンサーリンク