「SCORPION/スコーピオン」シーズン3 第2話「ギャンブルの行方」

スポンサーリンク

あらすじ

ブルガリアに来ているガロたち。作戦通りギャンブルで勝ち続けたシルベスターは、ガロとティム共々奥へ呼ばれスカンクと会う事が出来た。スカンクは連勝したシルベスターがインチキをしたのではないか?と疑うとティムが「数学の天才だ」と伝え、本題に入る。「ソフィアのハッカー集団に仕事を外注したら金を持ち逃げされた。ソフィアを牛耳ってるんだろ?ハッカーの住所を買いたい」を言うと、スカンクはスルベスターが本物の天才かテストをする。見事そのお題をクリア出来たシルベスターだったが、ゲームをし中国人から負けた金を取り返せ。今日のうちに回収したい。と、ここに残るよう言われてしまう。断るシルベスターだったが、ガロと相談し情報を得るために1人残る事になってしまった。

アメリカに残ったウォルター、トビー、ハッピー、ペイジの4人は、犯人によって制御不能となってしまった原子力潜水艦の場所を探している。作戦は、投石機でアルミの大きい玉をコルベットに向けて発射。もちろんコルベットはそれを攻撃してくれるので、弾が当たれば破裂する。そしてコルベットの近くでアルミの紙吹雪が舞って、それが信号を妨害する。その間、ウォルターが乗艦して再プログムすれば駆逐艦の制御システムは通常に戻り、制御不能ではなくなるというもの。この作戦は、他の3都市でも同時に行われる事になった。

スカンクの言う通り、チェンウェとゲームを始めたシルべスターは、あろう事か大負けしてしまう。お金を回収できず怒っているスカンクは、シルベスターの持ち物をチェックした。ポイントカードなどが出され、いちいちコメントを付けてくる。そこに政府職員優待のバスの定期券も入っており、正体がバレて絶体絶命のピンチになってしまう。

ゲスト

スペンサー・グラマー「GREEK~ときめき★キャンパスライフ」

脚本 ニック・サントーラ

ニコラス・ウートン

監督 ジェフリー・ハント

日本タイトル 「ギャンブルの行方」

原題タイトル 「More Civil War」

シリーズ通算第49話目。

視聴者数830万人。

ウォルター

2話に渡っての話だったので、所々ピンチを回避出来ず次の対策を取る展開が多かったですね。長かったおかげで色んな物を使って、頭はフル回転!!次々と回避法を打ち出せるウォルターは、やっぱり天才だな~!!とハラハラしながら観てました。

ペイジへの気持ちと、ティムへの嫉妬という感情をどうしていいのか分からないウォルター。頭がいいのに、こういう所では発揮できませんね。妨害も子供の様な事しかできません。今まで誰より優れていて、一般常識を教えてももらえず、たとえ教えてもらっても理解できず耳を貸さなかったんでしょう。ようやく色々学び初め、少しずつ理解できるようになってきても、まだ「効率的じゃない」という考えが先に立ち、タイミングが分からず戸惑ってしまう。ガロが言ったように、今のままではダメなんでしょうね。もし今ペイジとの関係が良くなったとしても、長い目でみると先が見えてしまいます。ここは1つ!もっと視野と考えと常識を広げて、長く付き合っていけるような男になってほしい!!

きっと、これからもペイジと良い感じなシーンがあっては、そうならないパターンが多くなりそうですね。

全て解決してからも気まずいペイジとウォルター。でも、ペイジはシルベスターの演説に耳を傾けたのにも関わらず、ウォルターはダメでした。結構良い事言ったと思うんですよねシルベスター。それが響かないのは、やっぱりウォルターだからでしょうかね・・・。ガロの言った事は響くのにシルベスターはダメなんてね。義理の兄弟だし、仲間なのに不思議です。下にみてるのかな~???

ペイジ

ウォルターと色々ありながら、プロとして任務に徹するペイジはカッコイイです!ウォルターもティムもあまり出来ていない分、ペイジを見習ったらいいと思う!でないと、国の危機が高まってしまう!!

ペイジもね、ティムに悪いと思う日が来るんでしょうか?まだそういうのに気付かないふりをしている感じですね。

ガロ

ガロ、カッコイイ!!

もうシーズン3も絶好調です!!

ウォルターに愛情をもって厳しく教えるガロ。「ペイジは確かにすばらしい女性だ。でも、彼女を傷つけた。いたずらでティムとの仲を邪魔してな。ガキのすることだぞ。こんな事は言いたくないが、事実を知りたいだろうから言う。今の君に彼女を幸せにする事は出来ない。自分勝手だし間違っている。ペイジにも失礼だ。」出た!!ガロ節!!素敵だぁぁぁ!

ウォルターを心配している感じが出ていて良かったです。ウォルターとティムが言い争いをしたときも、説得?説得じゃないかな?説教に近いかな?とにかく正しい事を言ったガロ!すぐにやめたティムとウォルター。こういう時はガロじゃないと場がおさまらないですよね。やっぱりスコーピオンにはガロの存在が不可欠だな~と思います。

シルベスター

前から、シルベスターは可愛いな~って思ってたんですけど、シーズン3に入ってから可愛さが増した気がするんですよね。

みんなの気まずい雰囲気を一刀両断!!ああいう風に言えるのは彼しかいないと思います。とばっちりもいいとこですしね。純粋で真面目だからこそ耐えられなかったんだと思うんですよね。言って正解だと思いました!

スコーピオンの中では、一番ビビりなシルベスター。でも、いつも危険な事をやらされてしまう。これもパターン化して来ましたね。面白いし可愛いからいいですけど、ちょっと可哀想だなと思う時もあります。今回も1人残されてしまって大丈夫なの??ってドキドキしました。

状況が状況だったから仕方がないけど、ガロもティムもよくシルベスターを1人置いていけたな~と思ってしまいました。でも、なんだかんだでシルベスターは運が良いので大丈夫でしたね。男たちと逆転した時、不慣れな感じがシルベスターらしくて笑ってしまいました!

それにしても、シルベスターをガロかティムが助けに行くと思いきや!あの操縦したい人でした!!

操縦の人!任務遂行おめでとう!!

夢がかなったね!

まとめ

こんなに引っ張った割には、犯人は抵抗もせず意外とあっさり捕まりました。そうですよね。戦闘するわけないか。そっち方面は得意じゃなさそうですもんね。何か言い分とかあると思ったんですけど、語られませんでしたね。次回ちょっとやったりするのかな?

ハッピーが、「必ず解決する」からと言ってるんだから、もうそろそろトビーは信じてあげても良いと思う。シルベスターの演説の後で、なんとなく雰囲気的にちょっと仲直りっぽく??なったけど一時しのぎじゃないといいですね。ハッピーの事が分かるのはいつぐらいなんでしょうか?シーズン半分過ぎてからくらいかな~??

次回も楽しみです!


スポンサーリンク