2017年に1番高収入の女優は誰?トップ10を発表!!

スポンサーリンク

最も高収入なのは?

ハリウッドの世界を華やかに彩る女優たち。そんな女優たちの今年のヒット作は、記憶に新しいだろう。今回は、米経済誌フォーブスが発表した「2017年最も高収入な女優ランキング」トップ10をお届け。

好きな女優はランクインしているだろうか?

10位

エイミー・アダムス

Amy Lou Adams

1150万ドル(約12億円)

2007年公開のディズニー映画「魔法にかけられて」で、ジゼル姫を演じ広く知られるようになる。この作品でゴールデングローブ賞 ミュージカル・コメディ部門の主演女優賞にノミネート。第34回サターン主演女優賞を受賞。

2014年公開の映画「ビッグ・アイズ」で、第72回ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門の主演女優賞を受賞している。

8位

ケイト・ブランシェット

Cate Blanchett

1200万ドル(約13億円)

1998年公開の映画「エリザベス」でエリザベス1世を演じる。ゴールデングローブ賞 ドラマ部門で主演女優賞を受賞。アカデミー主演女優賞にもノミネートされ、一気に名を広める。

1999年、ピープル誌の「最も美しい50人」の1人に選ばれた。

2001年からの映画『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでは、中つ国で最も力のあるエルフのガラドリエル(Galadriel)役を演じる。実力のある演技派女優としてキャリアアップを果した。それからも数々の賞を受賞している。

8位

ジュリア・ロバーツ

Julia Fiona Roberts

1200万ドル(約13億円)

1989年。映画『マグノリアの花たち』で、自身初候補となったゴールデングローブ賞 助演女優賞を受賞し、一躍注目をあびる。

1990年、映画「プリティ・ウーマン」が大ヒットを記録。当たり役となり、スターの仲間入りを果たす。2001年に公開された映画「エリン・ブロコビッチ」も大ヒットし、アカデミー賞で主演女優賞を受賞した。

所得関係のランキングには、よくトップ10にランクインしている。

6位

シャーリーズ・セロン

Charlize Theron

1400万ドル(約15億円)

1996年映画「2 days トゥー・デイズ」でデビューを果たし広く名を知られるようになるが、セクシーなブロンド役のオファーが多く自分の容姿ばかりが注目され悩み続ける。その後、容姿だけでなく実力派と呼ばれるように努力し、サスペンスやアクションなど様々なジャンルの作品に挑みトップ女優と言われるまでになった。

2003年の映画「モンスター」で実在する人物役のオファーが来た。制作側は役柄的に美しい物ではないし、きっと受けてもらえないだろうとダメもとでオファーしたがシャリーズは、見た目は関係なく演技で勝負が出来ると喜んでオファーを受けたという。より真剣に取り組み、自ら関係者を取材して役作りのために10kg以上体重を増やし世の中を驚かせた。この作品で、アカデミー主演女優賞やベルリン国際映画祭銀熊賞、ゴールデングローブ賞 主演女優賞ドラマ部門などを受賞している。

6位

エマ・ワトソン

Emma Charlotte Duerre Watson

1400万ドル(約15億円)

2001年に、映画「ハリー・ポッターと賢者の石』のハーマイオニー・グレンジャー役でデビューを果たし、一気に名を広める。それ以降の7作品「ハリー・ポッターと死の秘宝」まで、全てのシリーズに出演をしている。その人気は凄まじく、買い物に出ただけで人が押し寄せSWATが出動する事もあった。エマは、ハリーポッターシリーズで63万ドル(日本円で約53億円)を稼ぎ出し、その後もキャリアを積んでいる。

2009年12月、「過去10年間で最も興収を稼いだ女優」としてギネス・ブックに載る。

2017年、映画「美女と野獣」でベル役を務め、当たり役だと絶賛され大ヒットとなった。

5位

ミラ・クニス

Milena Markovna Kunis

出身地のウクライナ語では、Мілена Марківна Куніс(ミレナ・マルコブナ・クニス)

1550万ドル(約17億円)

1998年から海外ドラマ「ザット’70sショー」に出演して一気に名を広める。

2010年にはダーレン・アロノフスキー監督、ナタリー・ポートマン主演の映画「ブラック・スワン」にライバルのリリー役を演じ、第67回ヴェネツィア国際映画祭でマルチェロ・マストロヤンニ賞(新人賞)を受賞。

2012年、アメリカの男性誌「エスクァイア」11月号で「最もセクシーな女性」に選ばれた。

2015年には、俳優のアシュトン・カッチャーと結婚し話題を呼んだ。

4位

メリッサ・マッカーシー

Melissa Ann McCarthy

1800万ドル(約20億円)

2000年から2007年まで海外ドラマ「ギルモア・ガールズ」で、主人公ローレライ・ギルモアの親友でありビジネスパートナーでもあるスーキー・セントジェームス役を務め、注目されるようになる。

2010年、海外ドラマ「Mike & Molly」で主演をモリーを演じ、翌年プライムタイム・エミー賞主演コメディシリーズで女優賞を受賞。

2011年の映画「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」でメーガン役を演じ、評判もよく大ヒットしブレイクを果たす。ボストン映画批評家協会賞助演女優賞を受賞。アカデミー賞助演女優賞にノミネートされるなど、他にも数々の受賞やノミネートされる。

2016年映画女性版「ゴースト・バスタース」でメインのアビー・イェーツ役を演じ、ティーン・チョイス・アワードのサマームービー女優賞にノミネートされた。

脚本家やプロデューサーとしても活動している。

3位

ジェニファー・ローレンス

Jennifer Lawrence

2400万ドル(約26億円)

2008年、17歳の時に映画「あの日、欲望の大地で」でジーナの娘のマリアーナ役で出演し、監督は「メリル・ストリープの再来かと思った」と語っている。この映画で、第65回ヴェネツィア国際映画祭で新人俳優賞を受賞。

2012年公開の映画「世界にひとつのプレイブック」主演のティファニー・マクスウェル役を演じ、第85回アカデミー賞主演女優賞を受賞。

2013年、フランスのファッションブランドであるクリスチャン・ディオールのバッグコレクション『Miss Dior(ミス ディオール)』の広告塔として起用された。

2014年に、イギリスのGlamour誌が選ぶ「2014年ベストドレッサー賞」で1位を獲得。

2年間このランキングでトップだったジェニファー・ローレンス。今年は半額になり3位にランクインとなった。

2位

ジェニファー・アニストン

Jennifer Joanna Aniston

2550万ドル(約28億円)

1994年に放送開始された海外ドラマ「FRIENDS/フレンズ」でレイチェル・カレン・グリーン役を演じ大ブレイク。国民的人気を誇るまでになった。この「FRIENDS/フレンズ」で数々の賞やノミネートを果たしている。

ジェニファー・アニストンのヘアスタイルが、女性たちの憧れとなり真似をする人が増えた。ヘヤスタイルばかりが注目され悩んでいた時期がある。

2004年のアメリカのピープル誌で「最も美しい50人」のトップに選ばれ表紙を飾り、2010年には同誌の「最も美しい100人」の6位にランクインする。また同年、「FRIENDS/フレンズ」で共演していたコートニー・コックスやリサ・クドローと共に、「テレビドラマで最も多くのギャラを手にした女優」としてギネスブックに記載された。

「FRIENDS/フレンズ」終了後は、主な活動を映画へと移しキャリアを積んでいるが、コメディドラマを10年やっていたので大げさな動作が体に染みつき、映画の撮影ではしばらくの間苦労したと語っている。

映画の出演や海外ドラマ「FRIENDS/フレンズ」の再放送権、広告契約などで今回のランクインを果たした。

1位

エマ・ストーン

Emily Jean Stone

2600万ドル(28.6億円)

多くの作品に出演しキャリアを積んでいる。

2010年公開の映画「小悪魔はなぜモテる?!」で主演のオリーヴ・ペンダーガスト役を演じ、ゴールデングローブ賞ミュージカル・コメディ部門主演女優賞や他の数々の賞にノミネートされ、批評家からも好評だった。

2012年と2014年には、映画「アメイジングスパイダーマン」でグウェン・ステイシー役を演じている。

2014年、マイケル・キートン主演の映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」でサマンサ・トムソン(サム)役を演じ、アカデミー助演女優賞をはじめ数々の賞にノミネートされた。ボストン映画批評家協会賞の助演女優賞は受賞している。

2017年、映画「ラ・ラ・ランド」が大ヒットを果たし、アカデミー賞主演女優賞を受賞。この成功がランキング1位になるきっかけとなった。

まとめ

いかがでしたか?

好きな女優さんはランクインしていたでしょうか?

意外だな~って思った人もいるかも知れません。

もう、桁がすごいですね。おとぎ話の様な数字です。

来年はどうなるんでしょうね。

今回トップ10に入った女優さんたちも、惜しくもランキングに入らなかった女優さんたちも、色んな意味を込めて期待したいですね!


スポンサーリンク