「GRIMM/グリム」シーズン5 第17話「イヌガミ」

スポンサーリンク

あらすじ

ある事故があった。それ以降ブライアンは家の中に閉じこもりっきりになり、親友のロジャーが電話をしても一切出なくなってしまった。そんなある日、両親が留守中にブライアンは、フードを深くかぶったヴェッセンに連れされてしまう。

ブライアンが目を覚ますと、川岸に体を埋められ首だけが出ている状態に。見上げるとそこには、先ほど連れ去ったフードの人物が。そいつは、顔が白い毛に覆われ青い目をしたヴェッセンだった。そいつは、日本刀を抜き、ブライアンが殺さないでくれ!と懇願しても聞く耳を持たず、そのまま刀を振り下ろす。

翌日、ブライアンの首だけが橋の下で発見され現場に駆け付けたニックたち。ウーから詳細を聞くと、両親の元へ行く。両親は、ブライアンと連絡が取れなかったらしく捜索願を出していた。ニックたちは、事件当日ブライアンがいたと言う地下室へと移動する。そこで父親は、息子は友達のロジャーの電話にも出ず、周囲を拒絶していたらしい。1月に、ブライアンとロジャーとクマの3人で酒を飲み、ロジャーの祖父の銃を手にしたら落とし誤って発砲。それがクマに当たり亡くなってしまった。3週間前に、息子とロジャーは過失致死で有罪となり、執行猶予5年になったと語りで出す。それ以降、ブライアンは引きこもりゲーム漬けになったと。

心配で落ち込んでいる両親に追い打ちをかける出来事になってしまったが、ニックはブライアンが殺害されたことを両親に伝える。当然、両親はショックを隠しきれない。その時、ニックはテーブルの下に落ちている赤い折り紙で出来ている動物をみつけた。それを見た父親は「心当たりが・・・。ジン・アカギだ!判決に不満を。死んだクマの親です。息子とロジャーを法廷で脅してた。みんなの前で死んで償えと」と話した。

一方、ロザリーから、アナリンドがヘクセンビーストの力を取り戻したと聞き、この事を初めて知ったニックは戸惑いを隠せない。完全にヘクセンビーストに戻るかも知れないので、これ以上情報は話さない方が良いと考え黙っている事に。しかし、地下通路の探索をしなければいけない。そこで、アナリンドが職場復帰するためオフィスに行く時をねらって、モンローとロザリーがニックの家の地下通路へ行く作戦に出る。

地下探索が終わり、家の中へ戻ろうとするとアナリンドが帰って来てしまった。見つかってはまずいので、その場で待機する事に。そこへ誰かがやってきた。てっきりニックが帰って来たと思い、やっとここから出られると思った二人だったが、やって来たのはニックではなくイヴだった。イヴはアナリンドに、ヘクセンビーストに戻ったらブラッククロウが味方にしようとする。ニックを傷つけたら殺す。とアナリンドに警告をしに来たのだった。

ゲスト

ケイリー=ヒロユキ・タガワ「HACHI 約束の犬」

ケイコ・アンジェナ「ギルモア・ガールズ」

脚本 カイル・マクヴェヴ

監督 シャラット・ライウ

日本タイトル 「イヌガミ」

原題タイトル 「Inugami」

シリーズ通算105話目。

イヴ

「ニックを傷つけたら殺す」

この意味は、なんだったんでしょうか?

イヴの中にも、ニックに対して申し訳ないと思う感情があったんでしょうか?ニックと車の中で密会していた時の話と関係があるですかね。それとも愛していた頃の事を思い出し、2度と同じ思いをさせまいとアナリンドに警告しに行ったんでしょうか?または、傷ついたらHWへの協力に支障が出ると思ったんでしょうか?

とにかく淡々として、感情が見えないのでニックをどう思っているかとか、今何を思っているのか?とかは、こっちが勝手に憶測するしかないので難しいですね~。信頼していたし愛していたから、申し訳なかったったって答えがいい!!

それにしても、体を張ってまでレナードの調査をする前にもっと調べておかなかったんでしょうね。マークしていたのなら分かったのでは?レナードと、彼女の関係が分かっていたらもう少し方法があったかも。あの時は、イヴでさえ少なからず動揺していた感じでしたよね。真実を聞いたら、ニックもモンローもロザリーも驚いてましたけど、そりゃ~驚かずにはいられないでしょう!

話が聞き出せたら良かったものの、それが真実なのかはまだ分かりませんね。本当に、レナードがブラッククロウに加担しているかの真相はレナードにしか分かりませんもんね。

レナード

ホント、心からブラッククロウに加担しているのか、あえて内部を探るために加担しているのか全く分かりませんよね。ダイアナに会いたかったとか?どれなんでしょう。

でも今回、ダイアナに会えました!というか、よくダイアナだって分かったな!最後見た時は、赤ちゃんでしたよね。いくらなんでも、あそこまで大きくなると顔は変わるし普通は分からないんじゃ?と思いながら観てました。

ダイアナがすっかり大きくなってたって事は、成長は人より何倍も速いのかな?普通で行けば、恐らく1歳から2歳あたりのはず。でもダイアナは、小学校中学年から高学年くらいになってびっくり!!やっぱり、ヘクセンビーストと王家の血が入った娘さんはどこか違う!

アナリンド

ええええ!アナリンド、ヴォーガ出来るの??

正直これはビックリしました!!

しかも、あの弁護士事務所ヴェッセンの集まりなの?

でももう、そこまで戻りつつあるんですね。まだ優しいアナリンドのままなので、これから徐々に徐々に取り戻して行く形になるんでしょう。早くニックに話してほしい!!

元に戻っちゃうのかな~?イヤだな~。

ダイアナがレナードとあったので、今度はヘクセンビーストに戻ったアナリンドと会うんでしょうか?それか中途半端な戻りでも、「会いたいならヘクセンビーストの力を貸して」とブラッククロウ側から言われてしまうんでしょうか?会いたさに、「仕方なかった」と言い訳をしてブラッククロウ側になってしまいそう。ケリーを連れて。

ええええ!打診されたら、まずニックに相談してほしい!!

どうなるんでしょうかね?

アナリンド!ダイアナは、すぐ近くにいるよ!すごく大きくなってるけど!と教えたい!!今のアナリンドなら、頭が良くて優しくてちょっと強いから会いに行けちゃいそう。

ウー

だんだん兆候が現れてきました。

あああ!どうなっちゃんだろうウー。

ウーは、野山を駆け巡った事を夢だと思ってる感じでしたけど違いますもんね。頭痛も酷くなっているようだし。きっとロザリーが何とか治療方法を見つけてくれる!ニックでも、モンローでも誰でもいいから怪我をする前に相談してほしい!!でも、現実だと思っていないうちは「夢見が悪い」くらいで終わっちゃうか・・・。うう。心配です!

まとめ

モンローとロザリーは、あそこでどれくらい出られなかったんでしょう。しかもロザリーは、トイレに行きたくなったと!大変大変!って思いながら観てました。

クマの両親。なぜクマと名付けた。クマの様に強くなってほしいって感じなんですかね?やたらクマの名前だけが耳に付いてしまってね~。でも、息子を亡くすのは、もういたたまれませんでした。

ケイリー=ヒロユキ・タガワさんも出演していて、海外ドラマ「Hawii Five-0/ハワイ・ファイブ・オー」でヒロ・ノシムリ役や、他にも映画に沢山出てらっしゃるし、クマの母親は、海外ドラマ「ギルモア・ガールズ」でローリー・ギルモアの親友レーン・キム役のケイコ・アンジェナだったので、「おおおお!ヒロ・ノシムリが!そしてレーンが出てる!」とちょっと別の方向でテンションが上がりました!

それにしてもあの棒はあの時以来、一度も使われてませんね。そろそろ使われてもいい頃だと思うので、やっぱりウーに使うんでしょうかね?アナリンドは、いつダイアナに会えるでしょうか?ダイアナの位置関係もまだ分からないので、その辺もどうなるんでしょうか?ダイアナは、ブラッククロウ側なのか?それとも、ブラッククロウを利用しているのか?トップって事はあるのかな?力強いしな~。だからレナードを引きこんだとかあるのかな~??全く分かりませんが。

次回も楽しみです!


スポンサーリンク