新「アメリカン・アイドル」の新しいジャッジが決定し、朝の番組に出演!

スポンサーリンク

アメリカン・アイドル

「アメリカン・アイドル」とは、FOXテレビで2002年から2016年に15シーズンに渡り放送された、アメリカの大型リアリティー番組の事。長い間高い視聴者数を獲得し、視聴者参加型番組というカテゴリーの中でも特に有名な番組だった。

番組開始当初、音楽プロデューサーのサイモン・コーウェル、歌手でダンサーのポーラ・アブドゥル、音楽プロデューサでセッションニュージシャンのランディー・ジャクソンがジャッジ(審査員)として参加し、その後は降板。変わりに、ジェニファー・ロペスやキース・アーバン、ハリー・コニック・ジュニアやスティーブン・タイラー、ニッキー・ミナージュやマライア・キャリー、エレン・デジェネレスやカーラ・オルガディなど、豪華スターがジャッジとして出演していのだ。

このオーディション番組は、日本でお馴染みのケリー・クラクソンやキャリー・アンダーウッド、ドートリー、アダム・ランバート。海外ドラマ「SCORPION/スコーピオン」のペイジ役で活躍中のキャサリン・マクフィーや、他にも沢山のスターを輩出していた。

しかし、視聴率が低迷し「アメリカン・アイドル」は幕を閉じる。だが、視聴率が低迷したとはいえ、その数字はまだまだ高い数字だったので他局での復活が検討された。だが、制作会社の間で意見の相違があり、なかなか実現までこぎつけるのは困難だったようだ。そして遂に、2018年1月にABCで復活する予定だと発表された。

新ジャッジ(審査員)が決まるのに難航したが、現地時間9月30日にケイティー・ペリー、ライオネル・リッチー、ルーク・ブライアンに決定したと報じられた。

ホストは、そのまま続投でライアン・シークレスト(Ryan Seacrest)。

再び、あの「This is American Idol」と言う名台詞が、ライアンの口から出る日も近い。

朝番組

新しい「アメリカン・アイドル」の新ジャッジケイティ、ライオネル、ルークの3人は、現地時間10月4日に朝の番組「Good Morning America」(原題)に出演。就任決定後、初めて3人揃って公の場に姿を現し、その時ケイティ・ペリーは「これぞドリームチームよ」と意欲満々に語った。

新しく始まる「新アメリカン・アイドル」。

日本で放送されるかはまだ不明だが、「アメアイ」ファンにとっては是非とも放送して欲しいであろう。

ケイティー・ペリー

ケイティー・ペリー

Katy Perry

本名:キャサリン・エリザベス・ハドソン

Katheryn Elizabeth Hudson

1984年10月25日生まれ。

現在32歳。もうすぐ33歳になる。

アメリカ合衆国。カリフォルニア州サンタバーバラ出身で、両親は牧師である。2008年 MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード Best New Actを受賞。それ以降、数々の賞を受賞し日本でも有名である。「アメリカン・アイドル」では、シーズン9にゲスト審査員として参加していた。

2015年に収益をあげた額は、1億3500万ドル(約170億円)で「最も稼いでいる音楽界の女性」と「世界で最も稼いでいるミュージシャン」ランキングの1位になった。また、同年で最も有名な女性有名人として、米「フォーブス」のセレブリティ100の3位にランクインする。

役者の活動としては、映画「スマーフ」シリーズで声を演じていたり、映画「スーランダー No.2」、海外ドラマ「ママと恋に落ちるまで」(原題:How I Met Your Mother)のシーズン6などに出演していた。

ライオネル・リッチー

ライオネル・ブロックマン・リッチー・ジュニア

Lionel Brockman Richie, Jr.

1949年6月20日生まれ。

現在69歳。

アメリカ合衆国。アラバマ州タスキーギ出身。2009年には、世界中のアルバムセールスが1億枚以上を突破するという偉業を成し遂げ、黒人のシンガーとして、とても評価が高く有名なトップスターである。1974年、バンド「コモドアーズ」(The Commodores)のメンバーとしてデビューし、1982年にソロ活動を開始。1983年、ニコール・リッチーを養子に迎えている。

1983年にグラミー賞で、Best Male Pop Vocal Performance ”Truly”を受賞。それ以降、数々の賞を受賞している。1965年、マイケル・ジャクソンと共作で、USAフォー・アフリカのチャリティー曲を作った。

俳優業として、映画「天使の贈り物」や「STARS ウィ・アー・ザ・ワールド」等に出演している。なお、日本では「セイ・ユー、セイ・ミー」が西友(スーパー)のテーマソングとして使われていた。

ルーク・ブライアン

トーマス・ルーサー・ブライアン

Thomas Luther “Luke” Bryan

1976年7月17日生まれ。

現在41歳。

アメリカ合衆国。ジョージア州リーズバーグ出身。高校を卒業した後、テネシーへ引っ越しをする予定だったが、転居当日に兄弟を失くしてしまう。周囲からは、テネシーに行く事をすすめられたが行かず、父親の元で働いていた。しかし、2001年に父親の説得でテネシーへ。カントリーシンガーとして、その2カ月後レコード会社と契約。トラヴィス・トリットのアルバム「My Honky Tonk History」内の「Hanky-Tonk-History」で作曲家としても活動を開始。ビリー・カリントンにも楽曲を提供する。

2007年、クラブで歌っていた所、キャピトル・レコード・ナッシュビルの役員の目に止まり引き抜かれる形で契約。2009年、ビルボードチャートのカントリー部門で1位を獲得。その後、何度もランクインしている。


スポンサーリンク