海外ドラマ「シカゴ・メッド」が12月にAXNにて放送開始!放送前に放送時間と登場人物を紹介!!

スポンサーリンク

シカゴ・メッド

こんにちは、グリーンです♪(o´▽`o)

2017年12月9日(土)に、いよいよAXNで「シカゴ・メッド/ Chicago Med」の放送が決定しています!

© 2017 Universal Television LLC. All Rights Reserved.

この「シカゴ・メッド/ Chicago Med」は、海外ドラマ「シカゴ・ファイア」のスピンオフシリーズ第2弾として、全米で2015年11月17日に放送が開始しました!日本でも「シカゴ・ファイア」やスピンオフ作品第1弾の「シカゴ・P.D.」が好調ですよね。

「シカゴ・ファイア」も「シカゴ・P.D.」もAXNで放送されているので、当然「シカゴ・メッド」もAXNで放送されるんだと疑いもしなかったんですが、まさかの他局!!これには、衝撃が走りましたよ!なんで「シカゴシリーズ」なのに、同じじゃないの?とビックリしましたヽ(゚Д゚;)ノ!!

もうAXNじゃやらないのかな?と思っていたんですが、放送される事になりましたね!他局だったので、観たくても観られなかった人もこれで安心です!

「医療ドラマが大好きなんだけど、スピオフなんでしょ?元を知らないしな・・・」と思ってるアナタ!。元の「シカゴ・ファイア」や「シカゴ・P.D.」を観ていなくても大丈夫です!もちろん、この2作の登場人物が出てきたりもしますが、メインではないので気にせず楽しめますよ♪(o´▽`o)

今回は、「シカゴ・メッド」の登場人物や感想などを書いていきたいと思うので、良かったら放送に先駆けて参考にしてみて下さいね(o´▽`o)

あらすじ

シカゴにある総合病院の救急部門を舞台として、医師の思いや患者の思い、命の大切さや人間関係、葛藤などを描いた医療ドラマ。

「シカゴ・ファイア」で描かれた「シカゴ・メッド」の爆発事件。その後、シカゴ医療センターの救急外来(シカゴ・メッド)がリニューアルされた。そこで働く医師たちの思い、患者とどう向き合っていくか悩んだり、患者から学んだり。治療方針での対立や孤独、さまざまな葛藤などを描くヒューマンドラマ。

登場人物 コナー・ローズ

役者:コリン・ドネル

Colin Donnell

1982年10月9日生まれ 35歳。

主な出演作品:「AROW/アロー」「パーソン・オブ・インタレスト」など。

妻:パティ・ミュリン(舞台女優)

(シーズン1最終回、シーズン2でニーナ・ショア医師を演じる)

「シカゴ・メッド」では、コナーが主人公なんだそうです。どうしてこういう言い方をするかというと、「シカゴ・メッド」ってシーズン1にも関わらず、各キャラクターが中心の話が結構あるんですよね。なので、明確に主人公だ!という感じはあまりしなかったんです。

コナーは、とても優秀な外科医でスペイン語が堪能。患者を助けるためには手術中であっても、尊敬する上司のデヴィッド・ダウニー医師のアドバイスや命令は聞きません。でも、ダウニー先生とのやりとりも良いです。父親と息子の様なんですよ。

コナーは、大富豪の息子で父親と確執があり、家族とは距離を置いています。父親は、医者としてコナーの腕を信じていません。どうひいき目にみても、威圧的で攻撃的なので今の所良い父親ではないです。妹がいるんですが、父親とコナーの板挟みのような感じですかね。妹は、コナーに対して歩み寄る気があるんですけど、コナーは、徐々に徐々にという感じでしょうか。

コナーが出て来た時は、海外ドラマ「AROW/アロー」でトミー・マーリンの役を演じていたので、「トミーがいる!」とちょっとテンションがあがりました!♪(o´▽`o)

ナタリー・マニング

役者:トーレイ・デヴィート

Torrey DeVitto

1984年6月8日生まれ 33歳。

主な出演作品:「ヴァンパイア・ダイアリーズ」「プリティ・リトル・ライアーズ」など。

ナタリーは小児科医で、彼女の夫はアフガニスタンで戦死しました。お腹には、夫ジェフとの子供がいてナタリーは、ジェフが恋しくて仕方ありません。

妊婦でも積極的に患者を見たりしていますが、自分1人で子供を育てると言う大仕事に、果たして出来るだろうか?と悩みます。産まれてからも、子供を置いて仕事をする罪悪感や、仕事との両立に悩む事も。両方頑張りすぎてしまって倒れる事も。優しいナタリーは、患者の気持ちを汲み取りすぎてしまう事もあって(特に子供)、問題になる事もあります。シーズン1では、出産と結婚指輪がらみの大きなエピソードがありますので、お楽しみに!

それともう1つ。ナタリーがシーズン1の第3話で、ヴァイオリンを弾くシーンがあるんですけど、ナタリーを演じるトーレイ・デヴィート は、実際にもヴァイオリンを弾けるそうでかなりの腕前なんだとか。本当に弾いていたんですね~♪(o´▽`o)

ウィル・ハルステッド

役者:ニック・ゲルファス

Nicholas Alan “Nick” Gehlfuss

1985年1月21日生まれ 32歳。

主な出演作品:「シェイムレス」「ニュースルーム」「シカゴP.D.」など。

妻:リリアン・マツダ

ウィルは内科医で、「シカゴP.D.」の特捜班にいるジェイ・ハルステッドの兄です。なので、「シカゴ・メッド」でも「シカゴ・P.D.」でも、兄弟としての出演があります。

ちょっと余談ですが、「シカゴ・ファイア」や「シカゴ・P.D.」にウィルが出ていたんですよね。「シカゴ・メッド」が始まる前に出ていたので、今のウィルとちょっと性格が違う様な感じがしました。

ウィルは、上で紹介したナタリー・マニングが好きなんです。ナタリーと付き合いたいけど、夫を亡くしたばかりのナタリーはそんな気になれません。それでも諦めず、今の所は友達としてそばに居ます。ウィルは、ある意味真っ直ぐな人で、自分の信念と周りの意見が違うと、じっと耐える事に我慢が出来ずすぐ行動に出てしまい、あちこちで問題が起きてものすごい怒られる!それも、患者のため、仲間のためなので間違っていないと思っています。反省はするんですけどね。またやっちゃう感じです(o´▽`o)

エイプリル・セクストン

役者:ヤヤ・ダコスタ

Camara Yaya DaCosta Johnson

1982年11月15日生まれ 35歳。

主な出演作品:「オール・マイ・チルドレン」「アグリ・ベティ」など。

リアリティ番組「America’s Next Top Model」シーズン3の準優勝者でもある。

息子:サンカラ

エイプリルは、看護師。彼女は、医師を目指す弟のために夢をあきらめて働いています。真面目でしっかりしてて思いやりがある性格なんですが、弟はいい加減と言うか、常識がなってないというか、それでトラブルを起こした事もあり、あまり良い弟とは言えません。それでもエイプリルは、面倒を見続けます。

「シカゴ・ファイア」のレスキュー隊に所属するケリー・セブライドとは、古くからの友人で色々ありましたけど仲直りできました。

ヤヤ・ダコスタってすごい頭が良いんですよね。ブラウン大学出身で、英語、ポルトガル語、フランス語、スペイン語が話せて、日本語も会話程度なら話せるそうですよ。結婚式の前にお兄さんを亡くしていますが、「シカゴ・メッド」のエピソードの中でも辛い時があったんじゃないかな~。っと勝手に想像しながら観てました。

海外ドラマ「アグリー・ベティ」では、ヴァネッサ・ウイリアムズが演じたウィルミナ・スレイターの娘ニコを演じていましたが、「どっかでみたな~」と思っていて気が付くまでに結構時間がかかってしまいました(^_^)

イーサン・チョイ

役者:ブライアン・ティー

Brian Tee

1977年3月15日生まれ 40歳。

主な出演作品:映画「ウルヴァリン」「ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影」など。

妻:ミレリー・テイラー(女優)

娘:マデリン・スカイラー

イーサンは、感染症専門医でERのチーフレジデント。海軍の予備役で、野戦病院の経験がトラウマとなりPTSDで苦しんでいます。ですが、患者の病状にも真剣に取り組み優秀なんです。仲間を思い、患者を思う優しい良い人です。頑固な所もありますけど、あまり気になりません。精神科医のチャールズさんの手を借りて、PTSDの治療に当たりますが、諦めてしまう事も。思わず、がんばれ!イーサン!って言いたくなります。

イーサン演じるブライアン・ティーって、沖縄で産まれたって知ってビックリしました!2歳でアメリカに移住したそうですよ。

サラ・リース

役者:レイチェル・ディピッロ

Rachel DiPillo

1991年1月26日生まれ 26歳。

主な出演作品:「The Gates」「Jane the Virgin」など。

サラは、研修中の医学部4年生。自分は、臨床現場に向いていないと思っていて、病理に行くのが希望だと周りにいつも話しています。これは研修中の間だけだと自分に言い聞かせ、周りに沢山教えられ、患者と上手くいかなかったり、自信を亡くしたり、迷ったり注意されながらも頑張っている彼女。徐々に心の変化も見えてきます。精神科医のチャールズさんを尊敬していますが、チャールズさんがおかしい時には、自分の意見を強く言う場面もありました。

サラ役のレイチェルは、メインキャストで演じるのは「シカゴ・メッド」が初めてなんだそう。これで人気があがり、サラが1番好きだと言う人が増えたんだそうですよ。

ダニエル・チャールズ

役者:オリヴァー・プラット

Oliver Platt

1960年1月12日生まれ 57歳。

主な出演作品:映画「三銃士」「ドクター・ドリトル」など。

妻:カミラ・キャンベル

子供は3人。

チャールズさんは、精神科部長。外傷患者や患者の家族におかしな点が見つかると、すぐに気が付く優秀な人で、医師たちもよく助言を聞きに行ったり、相談したりします。

ですが、長年医者をやっているだけあって、患者に必ず「力になる」と声をかけますが、本人が望んでいなければ無理な診察などは一切しません。それを悔やんだり、心配する事もありますが諦めるしかない事も分かっています。迷っていたり、悩んでいる医師がいれば、それとなく助言をしたりするんですが、それがまた!良い言葉なんですよ!さすがチャールズさん!と思ってしまいますね。そんなチャールズさんの離婚歴は3回。管理部長のシャロンさんと仲がいいです。

チャールズさんを演じるオリヴァーは、母親がダイアナ妃の遠い親せきにあたるそうです。

シャロン・グッドウィン

役者: S・エパサ・マーカーソン

S. Epatha Merkerson(SはSharon/シャロンのS)

1952年11月28日生まれ 64歳。

主な出演作品:映画「ターミネーター2」テレビ映画「ブルース・イン・ニューヨーク」など。

元看護師で、今は管理部長のシャロンさん。彼女は立場上、とても難しい決断をする事が多いです。上からの圧力にも屈せず、言葉巧みに立ち向かい、言いたい事をハッキリ言うカッコイイ女性!管理部長なので自分のオフィスはあるんですが、こもりっきりにならず患者の様子も毎日見に来て変化をチェックしたりして、できるだけ把握するように努めているんです。仕事が出来る女性ですが、プライベートでは、悲しい出来事が・・・。

問題が起これば、出来るだけ医師をかばい、どうにか良い方法に持って行けないかと考えてるんですが、「またハルステッド先生!」とハルステッドの行動に頭を悩ませぎみですね。精神科医のチャールズさんと、主任看護師のマギーと仲が良いです。

マギー・ロックウッド

役者:マーリーン・バレット

Marlyne Barrett

1978年9月13日生まれ 39歳

主な出演作品:「愉快なシーバー家 ママの選挙運動」「THE WIRE/ザ・ワイヤー」など。

夫:ギャヴィン・バレット

(俳優ではないが、シーズン2の10話にゲスト出演している)

マギーは、主任看護師。気が強くて優秀ではっきりものを言いますが、仲間と患者にとても優しい人です。世話が好きなのかもしれませんね。そんな感じがします。1人で子供を産まなければいけないナタリーの出産にも立ち会って、力になってました。

実はマギーは、シーズン1の13話までゲスト出演だったんです。ちゃんと出てはいたんですが、14話のレギュラーになってからは、扱いが全く違いました。いきなり髪形もちゃんとしていて、何となくオシャレになった感があったし、映る回数もセリフの数も変わって行きました。レギュラーになって良かったです!存在感はすごい!シャロンさんとのやりとりも面白いし、ナタリーとも仲が良いです。

まとめ

いかがでしたか?

個人的には、チャールズさん、シャロンさん、マギーが好きです。

「シカゴ・メッド」でも色んな事がありますし「シカゴ・ファイア」「シカゴP.D.」の出演者もちょこちょこ出てくるので、知っている方はより楽しめると思います。

「シカゴ・メッド」が他局で始まった時、まだ時系列が整っていなかったので「ええええ!ハーマンに何があったの??」ってそりゃ~ビックリしました。ヽ(゚Д゚;)ノ!!

これでやっとシリーズ全て整う感じですかね。これでもう「あれ?なんで?どういうこと!?」って思わなくてすみそうです。(o´▽`o)

それでは、放送時間を書いておきますね!

放送時間

●2017年12月9日(土)

字幕版 22:00~23:00

12月10日(日)

字幕版 10:00~11:00

吹替版 23:00~24:00

12月11日(月)

字幕版 3:00~4:00

吹替版 10:55~11:55

AXNにて放送がスタート!


スポンサーリンク